(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

身体機械論

みなさんは身体のうちに身体感覚を含めてお考えになりますが、科学は身体を単なる元素の集まり(見ることも触れることもできず、音もしなければ匂いも味もしないものと科学では考えられます)にすぎないものと決めつけ、機械と見ます。科学が身体を機械と見るに至った経緯を確認します。

医学の言うことがみんな嘘になる理由、身体編〈2/2〉

*医学の言うことはみんな嘘第2回 (1/2からのつづき) だって、いいですか、いま俺の目のまえに、俺の左手がありますね? その皮膚に血管が浮いているのが見えますね? 深爪した指先や、骨張った関節、蚊に噛まれて赤くなった跡も、ね? えっ、毛はあまり…

医学の言うことがみんな嘘になる理由、身体編〈1/2〉

*医学の言うことはみんな嘘第2回 医学の言うことはみんな嘘なんじゃないかと俺、言いましたね? で、みんな嘘になる理由としてぱっとつぎの3つの理由を挙げたじゃないですか。 医学は健康と病気の定義(治るの定義)に失敗している。 医学は身体を機械と…

「科学」には身体が機械にしか見えない(5/5)

*「科学」を定義する第5回 (4/5からのつづき) ◆「身体のすり替え」(結論) さて、いま、科学がみなさんの左手をどう解するか、見ましたよね。簡単に言うとこういうことでしたね。 A.科学は左手を、元素のよせ集まったにすぎないもの(「左手機械」)…

「科学」には身体が機械にしか見えない(4/5)

*「科学」を定義する第5回 (3/5からのつづき) ◇「身体のすり替え」を左手を例に 科学は「存在のすり替え」と「関係のすり替え」とによって、みなさんが体験しているもの一切を、みなさんの心のなかにある像にすぎないことにし(前記Ⅰ)、この世にほんと…

「科学」には身体が機械にしか見えない(3/5)

*「科学」を定義する第5回 (2/5からのつづき) ◆「身体」の定義 みなさんにとって身体とは何かということを最初に確認しましょうか。 みなさん、自分の目のまえに、自分の左手をかざしてみてくれますか。どうですか、その、みなさんの目のまえ数十センチ…

「科学」には身体が機械にしか見えない(2/5)

*「科学」を定義する第5回 (1/5からのつづき) ◇「存在のすり替え」と「関係のすり替え」を経たあとの、音、匂い、味 このまえ、「存在のすり替え」と「関係のすり替え」をあんパンをもちいて確認しましたよね。そのふたつのすり替えを経た結果、あんパン…

「科学」には身体が機械にしか見えない(1/5)

*「科学」を定義する第5回 目次・「科学」の定義・「存在のすり替え」と「関係のすり替え」を経たあとの、音、匂い、味・「身体」の定義・「身体のすり替え」を左手を例に・「身体のすり替え」(結論) ◆「科学」の定義 やれ、何々は「非科学だ」「ニセ科…

科学にはなぜ快さや苦しさが何であるか理解できないのか、遠い目をしてふり返る〈5/5〉

*科学の目には「快いか苦しいか」は映らない第2回 (4/5からのつづき) 事のはじめに「絵の存在否定」、「存在の客観化」というふたつの不適切な操作を立てつづけに為す西洋学問の手にかかると、左手はこう解されるとのことでしたね? a.左手は「左手機…

科学にはなぜ快さや苦しさが何であるか理解できないのか、遠い目をしてふり返る〈4/5〉

*科学の目には「快いか苦しいか」は映らない第2回 (3/5からのつづき) 西洋学問では、身体についてもこれとまったくおなじように解します。 左手を例にまず見てみます、ね? みなさんにさっき、自分の左手を眼前にかかげてもらったじゃないですか? あ、…

科学にはなぜ快さや苦しさが何であるか理解できないのか、遠い目をしてふり返る〈3/5〉

*科学の目には「快いか苦しいか」は映らない第2回 (2/5からのつづき) 西洋学問ではこの要領で、俺が現に目の当たりにしているバラの花の他、俺が現に聞いている音や、現に嗅いでいる匂い、現に味わっている味、現に感じている「身体の感覚」、その他、俺…

科学にはなぜ快さや苦しさが何であるか理解できないのか、遠い目をしてふり返る〈2/5〉

*科学の目には「快いか苦しいか」は映らない第2回 (1/5からのつづき) さあ、いま、身体とは何か確認しましたよ。もう一度言いますよ。みなさんにとって身体とは、おなじ場所を占めている「身体の感覚」と「身体の物」とを合わせたもののことなんだ、って…

科学にはなぜ快さや苦しさが何であるか理解できないのか、遠い目をしてふり返る〈1/5〉

*科学の目には「快いか苦しいか」は映らない第2回 先日、快さと苦しさについてどういったことを書いたのか、遠い目をしながら簡単にふり返っています。先日書いたその文章では、つぎの3つのことを確認しましたよね? 快さとか苦しさというのは何なのか。 …

なぜ快さや苦しさについて考察しなおさなければならないのか

*科学するほど人間理解から遠ざかる第32回 最後に冒頭からこれまでを、遠い目をしながらふり返って終わります。 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「…

現代科学は快さや苦しさを理解できないしろものに変える

*科学するほど人間理解から遠ざかる第31回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

レイプ被害者に「なぜ逃げなかったのか」と心なくも詰問する現代科学の情動理論

*科学するほど人間理解から遠ざかる第30回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

脳科学の本を開いて現代科学流の快さ苦しさの定義を確認する

*科学するほど人間理解から遠ざかる第29回 快さを感じているというのは「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであるといっ…

現代科学の定義には納得できるところがひとつもない

*科学するほど人間理解から遠ざかる第28回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

ゴテゴテした、現代科学流の、快さ苦しさの定義

*科学するほど人間理解から遠ざかる第27回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

現代科学は快さや苦しさを行動にからめて定義する

*科学するほど人間理解から遠ざかる第26回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

「正常か異常か」と「快いか苦しいか」はまったく別の区分

*科学するほど人間理解から遠ざかる第25回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

伝統的な快さ苦しさの定義

*科学するほど人間理解から遠ざかる第24回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

西洋学問に見られる、快さ苦しさについての定義3つ

*科学するほど人間理解から遠ざかる第23回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということですけれ…

西洋学問が身体感覚を「身体機械についての情報」とする理由

*科学するほど人間理解から遠ざかる第22回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しんでいるというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということですけれども、…

西洋学問では身体感覚は「身体機械についての情報」とされる

*科学するほど人間理解から遠ざかる第21回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しんでいるというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということですけれども、…

西洋学問では快さや苦しさをどう誤解するか

*科学するほど人間理解から遠ざかる第20回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しんでいるというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると最初に…

西洋学問に人間が理解できなくなった瞬間③

*科学するほど人間理解から遠ざかる第19回 (②のつづき) 以上、物を見るということについて確認しなおす、いわゆる〈出発点〉で、西洋学問が「絵の存在否定」という不適切な操作をどのようになすか、例をもちいて見てきました。 結果、こういうことにする…

西洋学問に人間が理解できなくなった瞬間②

*科学するほど人間理解から遠ざかる第19回 (①のつづき) さて、「絵の存在否定」という不適切な操作をなした結果、大木が俺に見えていないことになるのをいま確認しました。俺がその瞬間に目を閉じていようが、開けていようが、はたまたサングラスをかけて…

西洋学問に人間が理解できなくなった瞬間①

*科学するほど人間理解から遠ざかる第19回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

西洋学問では、快さや苦しさが何であるか理解できない

*科学するほど人間理解から遠ざかる第18回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…

快さや苦しさが何であるか理解できたとき

*科学するほど人間理解から遠ざかる第17回 快さを感じているというのは、「今どうしようとするか、かなりはっきりしている」ということであり、かたや苦しさを感じているというのは、「今どうしようとするか、あまりはっきりしていない」ということであると…