(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(10/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆(精神)医学は統合失調症である

 でも(精神)医学には、Aさんのようなひとたちのことがまったく理解できてきませんでした。みなさんと違って、(精神)医学にはAさんたちのことを理解するだけの力がなかったわけです。ところが(精神)医学には、十分な人間理解力はないものの、こういう自信だけはありました。(精神医学の人間理解力は完璧であるはずだといった自信だけは。で、その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう修正解釈してきました。


 Aさんたちのことが(精神)医学に理解できないのは、Aさんたちが「理解不可能」だからだ、って。Aさんたちは「永久に解くことのできぬ謎」なんだ、「了解不能」なんだ、って。


 いま言ったことを最後に、箇条書きでまとめてみますね。

  • ①(精神)医学には、Aさんたちのことを理解するだけの力がない(現実)。
  • ②(精神)医学には、「(精神)医学の人間理解力は完璧であるはずだ」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解する。「Aさんたちのことが(精神)医学に理解できないのは、Aさんたちが理解不可能だからだ」(現実修正解釈


 今回は、「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」等と訴えるAさんの話を傾聴しました。そして、(精神)医学に統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきたそのAさんが、(精神)医学のそうした見立てに反しほんとうは理解可能であるということを実地に確認しました

(次回短編はこちら)


2020年3月25日に文章を一部訂正しました。次回は1ヶ月後、4月6日(月)21:00頃にお目にかかります。


ひとつまえの記事(9/10)はこちら。


今回の最初の記事(1/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(9/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆すべての場面で起こっていたことは何か

 さて、ここまで、場面を5つに分けて見てきました。どの場面でもAさんの身におなじことが起こっていたのが確認できましたよね。まず、Aさんのもっている「自信、Aさんの直面している「現実とが背反していましたね。そのように「自信」と「現実」とが背反しているとき、ひとにとることのできる手は、ずっと言ってきましたように、つぎのふたつのうちのいずれかであるように俺には思われます。

  • ア.現実に合うよう、自信のほうを修正する。
  • イ.自信にあうよう現実のほうを修正する


 で、Aさんはどの場面でも、後者イの「自信に合うよう、現実を修正する」手をもちいていましたね。この現実修正解釈こそ、Aさんがその5つの場面のすべてでやっていたことでしたね。


 5つの場面すべてでAさんがしていたそのこと(ただし場面2での一部を除く)を箇条書きにしてまとめるとこうなります

  • ①ひとにどう思われているか気になる(現実
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をたとえばこう解釈する。「わたしのことを嗤ったり噂したりしているのが、耳に入ってくる」(現実修正解釈


 さあ、いま、Aさんは5つの場面すべてで、自分の自信に合うよう、現実を修正解釈していたのではないかと俺、言いました。だけど、もちろんAさんを批判するつもりでそんなことを言ったのではありませんよ。そうした現実修正解釈は、Aさんだけがしていることではありませんよね? 程度の差はあれ、ふだん世間の誰もがしていることですね? みなさんもしていますし、俺もしていることですね? 俺がここで声を大にして言いたいのはむしろこういうことですよ。


 世間の誰もが、そうした現実修正解釈を日々している。したがって、自分のことをふり返ることのできる誠実なひとになら誰にでも、そんな自分を参考に、いま見た5つの場面でのAさんの現実解釈を理解することができるはずだ、って。


 でも、そうは言うものの、正直な話、俺には、Aさんのことをいまの考察で完璧に理解し得たと言うつもりはまったくありませんよ。たしかに、Aさんが苦しんでいたことや、居場所をどんどん失い、追い詰められていくさまは、手にとるように見ることができたと確信していますけど(Aさんのその苦しんでいる姿に共感したひとは多かったのではないでしょうか)、Aさんのことを多々誤ったふうに決めつけてしまったのではないかとかなり気が咎めていますよ。


 ただ、ある種の手応えを感じているのは事実ですけど。(精神)医学に統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきたAさんが実はそうした(精神)医学の見立てに反しほんとうは理解可能であるということはいまの考察からでも十分明らかになったのではないか、って。みなさんのように申し分のない人間理解力をもったひとたちになら、Aさんのことが完璧に理解できるということを示すくらいのことは十分にできたのではないか、って。


 Aさんが理解可能であることはもはや明らかだと言っても、みなさん、構いませんよね? 


ひとつまえの記事(8/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(8/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面5

 そして最後にAさんはこう言って、話を締めくくっていましたね。

 いわゆる病気の症状としての被害妄想は、いまでも全然変わっていないし、治ってもいません。いまでも、買い物に行ってもひそひそと噂されます。食堂に入っても「あいつ、よく来れるな」という言葉が聞こえます。


 Aさんはいまでも食堂に入ると店員にあいつよく来れるなと思われているのではないかと気になり、居たたまれなくなる(現実)ということなのではないでしょうか。どうですか、みなさんのなかにも、お店(むしろ洋服屋さんなどが多いでしょうか)で、店員に疎んじられているように感じられ、針のむしろにいるような気持ちになることのあるひと、けっこういるのではありませんか。世間にはひとりで食事処に入れないひともいると言いますしね? だけどAさんには自信がある。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、その自信に合うよう、Aさんは現実をこう解する。


 食堂に入ると、「あいつ、よく来れるな」と店員が言っているのが、わたしの耳に入ってくる、って。 

  • ①食堂に入ると、店員に「あいつ、よく来れるな」と思われているのではないかと気になる(現実)。
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「食堂に入ると、『あいつ、よく来れるな』と店員が言っているのがわたしの耳に入ってくる」(現実修正解釈


ひとつまえの記事(7/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(7/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面4

 こうして急速に居場所がなくなってきたAさんはついに家のなかでも、従業員たちのことを気にするまでになります。

 居たたまれなくなり「この人たちから逃げたい」と思いましたが、今度は家に帰った後もその人たちが家のなかをのぞき、部屋の様子や家族のことを噂するのです。


 どこに行っても、寝ているとき以外はつねに頭の中を監視され、息さえも自由に吸えない状況にまで追い込まれていきました。私はさんざん悩んだあげく「早くこの人たちに幸せになってほしい」「私をいじめることに夢中になっていないで幸せになって」と祈りました。


 Aさんはいま言っていましたね。「家に帰った後もその人たちが家のなかをのぞき、部屋の様子や家族のことを噂するのです」って。これは、Aさんが家に帰っても部屋のなかの様子や家族のことすらそのひとたちに(なぜか)知られていて噂されているのではないかと心配するまでになった現実)ということを意味するのではないでしょうか。でも、Aさんにはやはり自信があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、Aさんはその自信に合うよう、現実をこう解した。


 家に帰ったあとも、従業員たちがわたしの部屋の様子や家族のことを、のぞきこんで噂しているのが、わたしの耳に入ってくる、って。

  • ①家に帰っても、部屋のなかの様子や家族のことすら従業員たちに(なぜか)知られていて、噂されているのではないかと心配になる(現実)。
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「家に帰ったあとも、従業員たちがわたしの部屋の様子や家族のことを、のぞきこんで噂しているのが、わたしの耳に入ってくる」(現実修正解釈


 職場ではトイレのなかでさえ息がつけず、とうとう家のなかもAさんの居場所ではなくなった。Aさんはこう訴えていましたね。「どこに行っても、寝ているとき以外はつねに頭の中を監視され、息さえも自由に吸えない状況にまで追い込まれていきました」って。これは、Aさんが起きているあいだ中ずっと自分の考えを従業員たちに見抜かれ、嗤われたり噂されたりしているのではないかと心配するまでに追い詰められていった(現実)ということを意味するのではないでしょうか。だけどAさんには依然、自信があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、Aさんはその自信に合うよう、現実をこう解した。


 従業員たちに、寝ているとき以外はずっと頭のなかを覗き込まれて(嗤われたり噂されているして)いる、って。

  • ①起きているあいだ中ずっと、自分の考えを従業員たちに見抜かれ、嗤われたり噂されたりしているのではないかと心配している(現実)。
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「従業員たちに、寝ているとき以外はずっと頭のなかを覗き込まれ(嗤われたり噂されたりし)ている」(現実修正解釈


ひとつまえの記事(6/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(6/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面3

 つぎの場面に進みましょう。

 いつしか、私をいじめていた人たちが幻聴としてあらわれ、一日中私についてくるようになりました。私がどこに行こうとも、私の考えていることが相手に伝わります。繰り返し笑われたり、トイレに入っても「ねー、あれ見た? 見た?」と売り場の人たちから噂されます。 


 Aさんはこう言っていますよね。「私をいじめていた人たちが幻聴としてあらわれ、一日中私についてくるようになりました」って。これは、いつしかAさんが一日中従業員たちにどう思われているかを気にするようになった現実)ということを意味するのではありませんか。


 でもAさんには依然、自信があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、その自信に合うよう、現実をこう解した。


 従業員たちの声が一日中、わたしについてくるようになった、って。


 箇条書きにしてまとめるとこうなります。

  • ①一日中、従業員たちにどう思われているか気になる(現実)。
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「従業員たちの声が一日中、わたしについてくる」(現実修正解釈


 さらにAさんはこうも言っていましたね。「私がどこに行こうとも、私の考えていることが相手に伝わります。繰り返し笑われたり、トイレに入っても『ねー、あれ見た? 見た?』と売り場の人たちから噂されます」って。これはつまり、Aさんはどこに行っても従業員たちに自分の考えを見抜かれ嗤われたり噂されたりしているのではないかと気が気ではなくなり、トイレのなかですら息がつけなくなった現実)ということを意味するのではありませんか。


 でもAさんにはやはり自信があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、その自信に合うよう、Aさんは現実をこう解した。


 どこに行っても、わたしの考えていることが従業員たちにモレ伝わり、嗤われたり噂されたりするんだ。トイレに入ってすら、売り場のひとたちに噂されているのが聞こえてきて、息がつけないんだ、って。

  • ①どこに行っても、従業員たちに自分の考えを見抜かれ、嗤われたり噂されたりしているのではないかと気が気ではなくなり、トイレのなかですら息がつけない(現実)。
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「どこに行っても、わたしの考えていることが従業員たちにモレ伝わり、嗤われたり噂されたりする。トイレに入ってすら、売り場のひとたちに噂されているのが聞こえてきて、息がつけない」(現実修正解釈


ひとつまえの記事(5/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(5/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面2‐Ⅲ

 では、ここから、3つ目の想像に移りますね


 朝礼のスピーチがAさんには退屈でならなかったと先ほど同様仮定して話を進めますよ。Aさんは「スピーチ、早く終わればいいのになあ」と考えていたとしますね(あくまでも仮定ですよ)。もちろんAさんはそうした考えをそぶりには出さなかった。真面目な態度でスピーチを聴いていた。ところが急に、スピーチをしているひとにスピーチが早く終わることを願うその(Aさん自身、不謹慎と思われる?)Aさんの内心を見抜かれているような気がしてきて、不安になった


 けれどもそのいっぽうでAさんには自信があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、その自信に合うよう、Aさんは現実をこう解した。


 スピーチをしているひとに、「スピーチ、早く終わればいいのになあ」と思っているのを言い当てられ、ビックリした、って。


 いまこう推測しましたよ。じっくりふり返ってみますね。


 スピーチを早く終わってほしいと思っているのを、スピーチをしているひとに見抜かれているような気が不意にしてきて、Aさんは不安になった(現実)。ところが、その反面、Aさんには「自信」があった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。そのように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、つぎのふたつのうちにいずれかであるように俺には思われます。

  • ア.現実に合うよう、自信のほうを修正する。
  • イ.自信に合うよう現実のほうを修正する


 で、このとき、Aさんは後者イの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとった。「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といったその自信に合うよう、現実をこう解した。


 スピーチをしているひとに、「スピーチ、早く終わればいいのになあ」と思っているのを言い当てられ、ビックリした、って。


 箇条書きにしてまとめるとこうなります。

  • ①スピーチを早く終わってほしいと思っているのを、スピーチをしているひとに見抜かれていような気がしてきて、不安になる(現実
  • ②「ひとにどう思われているかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「スピーチ、早く終わればいいのになあと思っているのを、スピーチをしているひとに言い当てられ、ビックリした」(現実修正解釈


 ところがAさんにはさらにこういう自信もあった。わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信が。で、そんな自信があればこそ、Aさんには、自分の考えをひとに言い当てられたそのことが不思議に思われてならなかった。


 そして以後もこれとおなじことが何度かつづいたが、とうとうあるとき、以前からずっと首を傾げていたAさんは不意に「なるほど、自分にはテレパシーがあって、それで、見抜かれるはずのない内心が他人にモレ伝わってしまうのか!」と思い至ったのではないかというところから後は、先(場面2‐Ⅰ)に推測しましたとおりです。


2020年3月5日に誤りを一点訂正しました(「スピーチをしているひと」と書くべきところを、「まわりのひとたち」と書いてしまっていました)。


ひとつまえの記事(4/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(4/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面2‐Ⅱ

 つぎは、ふたつ目の想像(Ⅱ)を見てみましょう。


 たとえば、朝礼で誰かが退屈なスピーチをしていて、最後にその話をこんなふうに閉めたと仮定してみてくれませんか。「早くスピーチを終えてほしいと思っているひともいるようなので、これで話を終わります」って。そのひとは当てずっぽうでそう言っただけだった。ところがそのとき「スピーチ、早く終わったらいいのになあ」と考えていたAさんは、自分のその考えを言い当てられたと思い込んだ」(現実)。


 しかしその反面、Aさんには自信があった。わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信が(この自信については先ほど詳しく説明しましたね)。で、そんな自信があったAさんには、自分の考えをひとに見抜かれたそのことが不思議に思われてならなかった。


 そして以後も、自分の考えをひとに言い当てられたと「思い込む」ことが何度かつづいたが、とうとうあるとき、以前からずっと首を傾げていたAさんはふと思い至った。


  あ、そうか、わかったぞ、自分にはテレパシーがあるんだ。なるほど、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わってしまうのか!


 つまり、箇条書きにしてまとめると、こういうことですよ。

  • ①自分の考えていることを言い当てられたと「思い込んだ」(現実)。
  • ②わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信がある(自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解する。「自分にはテレパシーがあって、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わったんだ」(自信に合うよう現実を解釈する


 と同時にAさんは、自分がエスパーであるそのこともまた従業員たちに見抜かれ、噂されているのではないかと気にするようになった(現実)のかもしれないというところから後は、さっき考察したとおりです。


ひとつまえの記事(3/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。