(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

状況を捉えるとは状況把握をすることであると確認する〈3/3〉

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第4回

2/3からのつづき

 大木に歩みよっているいまの場面をもちいて、まずこういうことを確認したじゃないですか。

  1. 大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えていること。
  2. 俺の身体も、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えていること。
  3. その他、太陽や雲や風や音や他人の身体といった存在もそれぞれ、そうした問いに逐一答えていること。
  4. 俺の過去体験記憶像や未来体験予想像もそれぞれ、そうした問いに逐一答えていること。


 それら確認したことを、ひと言にひっくるめて簡単に言うと、こうなりません?


 大木、俺の身体、太陽、雲、風、音、他人の身体、俺の過去体験記憶像、未来体験予想像らが、応答し合いながら共に在る、って(以下、表現①とよびますね)?


 いやそれとも、こう言い換えたほうがピンときますかね? それらが、共に在るにあたって応答し合っている、って?


 どちらでも意味はまったく一緒のような気がしますけど、前者の表現のほうをいまからもちいていきますね。


 大木であれ、俺の身体であれ、音であれ、俺の過去体験記憶像であれ、何であれ、それを捉えるというのは、状況を捉えるということなんだ(状況・最小単位説)って確認したじゃないですか。その状況を捉えるっていうのは、

  • :「現在までの状況の推移」を把握すると同時に、そこから、
  • :「現在以後の状況の推移」を類推すること、


 すなわち、「状況把握すること」、でしたね。前者A現在までの状況の推移を把握する」は、さっきの「表現①」を使うと、こうなりません?


 大木や、俺の身体、太陽、雲、風、音、他人の身体、俺の過去体験記憶像、俺の未来体験予想像らが、現在までどのように「応答し合いながら共に在った」か把握する、


 に?


 いっぽう後者B「現在以後の状況の推移を類推する」は、


 それらが、現在以後どのように「応答し合いながら共に在る」かを類推する、


 に?


 したがって「状況把握」(A+B)はこう言い換えられるんじゃないですかね。

  • A':大木や、俺の身体、太陽、雲、風、音、他人の身体、俺の過去体験記憶像、俺の未来体験予想像らが、現在までどのように「応答し合いながら共に在った」かを把握すると同時に、そこから、
  • B':それらが、現在以後どのように「応答し合いながら共に在る」かを類推すること、


 であるって。


 こうして見てみると、「状況把握をする」ことによってはじめて、存在ひとつひとつの動向が見えてくるってことがはっきりわかるんじゃないですか、ね? ちがいますかね?


 さて、「状況把握」について、ちょっと突っ込んで確認してみました。やっぱり、話、ややこしかったですか? もし頭がごっちゃになってしまっていたら、いまの話、キレイさっぱり忘れてくださいね。


 もとの道に戻りましょう。こういうことでしたね。大木であれ、俺の身体であれ、音であれ、味であれ、他人の脳であれ、みなさんの苦しみであれ、俺の過去体験記憶像や未来体験予想像であれ、何であれそれを捉えるというのは状況を捉えるということなんだ。(状況・最小単位説)。その、「状況を捉えるというのは、ふだんみなさんが四六時中しているあの「状況把握をすることなんだ、ってことでしたよね。そのことがひとについても言えるってことを、統合失調症と診断された男性の例をもちいて、つぎに確認しようとしているところでした、ね?

(第5回へつづく)


今回は記事を〈1/3〉〈2/3〉〈3/3〉の3つに分けてお送りしました。

ひとつまえの記事(2/3)はこちら。


今回の〈1/3〉はこちら。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

状況を捉えるとは状況把握をすることであると確認する〈2/3〉

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第4回

1/3からのつづき

 以上、まとめますね。大木を捉えるというのは「状況を捉える」ということでした、ね? いや、大木のみならず、俺の身体であれ、音であれ、俺の過去体験記憶像であれ、何であれ、それを捉えるというのは「状況を捉える」ということなんだ(状況・最小単位説)ってことでした、よね? じゃあ、その「状況を捉えるとはどうすることなのか。それは、ちょうどいま見ましたように、「状況把握をする」(先に記したAとBをする)ってことでした、ね?


 さあ、どんどん、先に進みましょう。


 つぎは、このことがひとについても言えることを統合失調症と診断された或る男性の例をもちいて、あ、でも、ちょ待てよ、せっかくだし、この機会に、「状況把握」について、もう少し突っ込んで見ておいたほうがいいかな?


 あ〜、どうしよう、迷えてきた。でも、突っ込んで見ていくと、話、ややこしくなりそうだしな〜。


 う〜む、どうしよう、でも、「状況把握」についてもう少し詳しく見ておいたほうがいい気がしきりとするな〜。みなさんには、冒険心を発揮してそのややこしい話を聞くもよし、無難にそれを聞き飛ばして次頁の最終段落に直行するもよし、ということにしてもらって、やっぱり「状況把握」についてもうちょっと見ておくことにするかな?


 みなさん、どうですかね、ここでその二手に分かれるというのは?


 じゃあ、「状況把握」についてもう少し詳しく見ておきますね(読み飛ばすひとは、次頁の最終段落で俺と落ち合ってくださいね)。


今回は記事を〈1/3〉〈2/3〉〈3/3〉の3つに分けてお送りしています。

ひとつまえの記事(1/3)はこちら。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

状況を捉えるとは状況把握をすることであると確認する〈1/3〉

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第4回

 みなさんと交わした約束をいまさっきひとつ果たしましたね


 最初にみなさんと約束したじゃないですか。俺が状況最小単位説とよぶなんぴとも無視することのできないこの世の根本原理とはいったい何なのか。物理学や化学はもとづこうと汗水たらしてきたのに、医学だけソッポむいて無視を決め込んできたその状況・最小単位説とは何なのか。それをまず確認しますよって。


 で、いまさっき、こういうことだと確認したわけですよ。すなわち、俺、みなさんと一緒にいま大木目指して歩いてますけど、大木を捉えるというのは状況を捉えるということなんだいや、大木のみならず、俺の身体であれ、音であれ、俺の過去体験記憶像であれ、何であれそれを捉えるというのは状況を捉えるということなんだ


 要するに、状況こそこの世の最小単位なんだ、って。


(みなさんのお家の庭にある、下の大木に向かって、いまみなさんと一緒に歩いている最中でしたね)


 でも、この場合の「状況を捉えるってのはどうすることを言うんですかね? せっかくですし、少し詳しく見ておきますかね? すぐ済みますし、医学も見落としていることですしね。


 みなさんと一緒に大木に歩みよっている最中の俺は(大木、どれだけ遠いところにあるんですかね?)、まえのほうで言いましたように、どの瞬間でもつぎのふたつをしているじゃないですか

  • :その瞬間まで大木にどのように歩みよってきたか過去を記憶している。
  • :その瞬間から大木にどのように歩みよっていくか未来を予想している。


 これってどういうことですかね? 


 Aは何ですかねコレ? どの瞬間でも、その瞬間まで、一瞬一瞬の状況がどんなだったか記憶しているってことじゃないですかね? もっと手短に言えば、その瞬間までの状況の推移を把握しているってことなんじゃないですかね?


 俺はどの瞬間でも、その瞬間までの状況の推移を把握している。と同時に、把握しているそのところから、その瞬間以後の一瞬一瞬の状況がどんなかを、つまり、以後の状況の推移がどんなかを類推(予想)しているんじゃないですかね? それが先のB「その瞬間から大木にどのように歩みよっていくか未来を予想している」に当たるんじゃないですか、ね?


 いま、こういうことを確認しましたよ。大木を捉えるというのは状況を捉えるということなんだ。いや、大木のみならず、俺の身体であれ、音であれ、何であれ、それを捉えるというのは、状況を捉えるということなんだ(状況・最小単位説)。そしてその状況を捉えるというのは

  • :「現在までの状況の推移」を把握すると同時に、そこから、
  • :「現在以後の状況の推移」を類推すること、


 なんだって。


 でも、そんなふうに状況を捉えているのは、大木に歩みよっている最中の俺だけじゃないですよね。みなさん、何時いかなるときも絶えず、そうしたこと(A+B)をしてるじゃないですか、


 その作業を状況把握とよんで、ね?


 いや絶対にそうよんで、やっていますって。


 そんなみなさんに倣って、状況を捉えるとは状況把握をすることであると言っても構いませんよ、ね?


今回は記事を〈1/3〉〈2/3〉〈3/3〉の3つに分けてお送りします。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

医学だけが無視するこの世の根本原理について、確認し終える(3/3)

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第3回

(2/3からのつづき)

 先ほど大木についてこういうことを確認しましたよね?

  1. 大木が今どのようにあるかを知るというのは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに今どう答えているか知ることである。すなわち、大木と他のものとが共に在るありよう、つまり状況、が今どんなかを知ることであり、
  2. 大木が過去どのようにあったかを把握するというのは、状況が過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、大木が将来どのようにあるかを予想するというのは、状況が将来のそのときにどんなかを予想することである、


 って。


 ひと言でいえば、大木を捉えるというのは状況を捉えるということなんだって。


 これとおなじことが俺の身体にも言えるし太陽にも雲にも風にも地面にも音にも匂いにも味にも俺の過去体験記憶像や未来体験予想像にも言えるってことですよ。大木であれ、俺の身体であれ、他人の脳であれ、音であれ、俺の過去体験記憶像や未来体験予想像であれ、何であれ

  1. それが今どのようにあるかを知るというのは、状況(当のものを一部分としてうちに含む。以下おなじ)が今どんなかを知ることであり、
  2. それが過去どのようにあったかを把握するというのは、状況が過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、それが将来どのようにあるかを予想するというのは、状況が将来のそのときにどんなかを予想することである。


 大木であれ、俺の身体であれ、他人の脳であれ、何であれそれを捉えるというのは状況を捉えるということなんだ


 ってことですよ。


 で、そうしたことを、無理をしてほんのひと言にまとめれば、こうなるんじゃないかってわけです。


 状況こそがこの世の最小単位なんだ、って。


 最初にみなさんにしたふたつの約束のうち、いまひとつを果たしました。果たしたつもりです。いや、果たしたことにしておいてくださいよ。冒頭でまず状況最小単位説と俺がよぶなんぴとも無視することのできないこの世の根本原理が何であるか確認するって約束したじゃないですかいま果たしたことにしておいてくださいよと言ったのはその約束のことですよ。言ってることわかりにくかったですか? たしかに俺の表現、拙かったり冗長だったりしたでしょうね。でも、俺が何を言いたがっているか、察しのいいみなさんにはピンときたんじゃないですかね? 単純なことばかりでしたよね、俺なんかが言わなくったって、みなさんずっとまえからよく知っていたことばかりだったんじゃないのかなあ。


今回は記事を(1/3)、(2/3)、(3/3)の3つに分けてお送りしました。

ひとつまえの記事(2/3)はこちら。


今回の(1/3)はこちら。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

医学だけが無視するこの世の根本原理について、確認し終える(2/3)

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第3回

1/3からのつづき

 いま考えたのは何でしたっけ? 大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるかという問いに逐一答えるってことの意味でしたよね(第二関門)? でもそうした問いに答えるのは大木だけですかね? ちがいますよね? 俺の身体を考えてみてくださいよ。大木に歩みよるというのはまさに俺の身体にとって、「他のもの(大木、太陽、雲、地面、匂い、音、俺の過去体験記憶像や未来体験予想像等)と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えることに他ならないじゃないですか。


 いや、俺の身体だけじゃないですよ。存在はみんなそう。太陽も、雲も、地面も、音も、匂いも、味も、他人の身体もみ〜んなどれもこれもそれぞれ、この問いに逐一答えるものですよね(その論証はみなさんのほうでやっておいてくださいね)。


 俺の過去体験記憶像や未来体験予想像だってそうですよ(つぎのふたつの段落は読み飛ばしてもらってもいいんじゃないかなあ)。


(みなさんの家のお庭にある下の大木に歩みよっている最中でしたね)


 いま大木に歩みよっている最中ですけど(大木えらく遠いなあ……)、こうして大木の姿を目の当たりにしたり、緑の青クサイ匂いを嗅ぐとか、葉々が立てるガサガサという音を聞くとかしたりしているうちに、まえにここに来てこの辺りをみなさんと一緒にブラブラしたときの記憶、不意に鮮明によみがえってきましたよ。ほら、俺の過去体験記憶像(俺が現在記憶している過去体験のこと)は、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるって言えるんじゃないですかね? 家で紅茶とマドレーヌを楽しんでいたオジサンが、その香りと味をきっかけに急に昔のことをありありと思い出したときのこと、小説に書いんだって、よく聞くじゃないですか。みなさんにもそのオジサンのとおんなじ体験ありますよね? 見ると昔のことを思い出さずにはいられない絵とか、聴くとかならず過去がよみがえってくる曲とかありません? むかしの恋人が乗っていたのとおなじ色の車を街角で見かけたら、思い出が堰を切ったように街のなかに流れ込んできたって体験、みなさんにもあるんじゃないのかなあ。

失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)

失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)

 

 


 俺の過去体験記憶像が、「他のものと共にあるにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるものであるように、俺の未来体験予想像(俺が現在予想している未来体験の像のこと)もそうした問いに逐一答えるって言えるんじゃないですかね。片付けものをしているときにふと手にとった雑誌をめくっているうち、掃除をするって未来図がすっかり消し飛んじゃったりしません? 俺なんかの場合は預金通帳ですかね。そこに印字された残高を見てると、明るい未来がどっか行ったまま、戻ってこなくなっちゃう。


 わかりにくくなっちゃいました


 つい先ほど、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるっていうのがどういうことか確認しましたよね(第二関門)? でも、そうした問いに答えるのは、何も大木だけに限られないってことですよ。俺の身体であれ、太陽であれ、音であれ、匂いであれ、味であれ、俺の過去体験記憶像や俺の未来体験予想像であれ、何であれ、そうした問いに逐一答えることに変わりはないってことですよ。


 だとすれば、ここで何が言えますかね?


 さっき大木に言えたのとおなじことが言えるんじゃないですか


今回は記事を(1/3)、(2/3)、(3/3)の3つに分けてお送りしています。

ひとつまえの記事(1/3)はこちら。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

医学だけが無視するこの世の根本原理について、確認し終える(1/3)

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第3回

 なんぴとも無視することのできないこの世の根本原理である状況・最小単位説とは何か。物理学や化学はもとづこうと努力してきたのに、医学だけ無視を決め込んできたその状況・最小単位説とはいったい何なのか。それを確認するための第一関門をいま突破しました


 さっそく第二関門に進みますね。大木は、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるってことでしたよね。じゃあつぎはそのことが何を意味しているのか考えてみましょうよ


 俺はこういったことを意味しているんじゃないかと思います。

  1. 大木がどのようにあるかを知るというのは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに今どう答えているかを知ることであり、
  2. 大木が過去どのようにあったかを把握するというのは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに過去そのとき、どう答えていたか把握すること、
  3. また、大木が将来どのようにあるかを予想するというのは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに将来のそのとき、どう答えているか予想することである、


 ってことを意味しているんじゃないのかなって。


 つまり少し言い換えれば、

  1. 大木がどのようにあるかを知るというのは、大木と他のものとが共に在るありようが今どんなかを知ることであり、
  2. 大木が過去どのようにあったかを把握するというのは、大木と他のものとが共に在るありようが過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、大木が将来どのようにあるかを予想するというのは、大木と他のものとが共に在るありようが将来のそのときにどんなかを予想することである、


 ってことを意味しているんじゃないのかなって。


 いま、大木と他のものとが共に在るありようって言い方をしました。その「他のもの」というのは、まえに確認しておきましたよね。太陽や雲や風やといった物のほか、俺の身体や他人の身体、さらには空いた場所、音、匂い、味、俺の過去体験記憶像、俺の未来体験予想像などのことだって。要するに、大木と他のものとが共に在るありようっていうのは、現在の存在たちの姿に、過去体験の像(現在記憶しているもの)と未来体験の像(現在予想しているもの)とを足し合わせたもののことで、これをふだんみなさんは、状況、とよんでいますよ、ね?


 いやいや、絶対にそうよんでいますって。


 だとすれば、さっき言ったことはさらにこう言い改められるんじゃないですかね。

  1. 大木が今どのようにあるかを知るというのは、大木と他のものとが共に在るありよう、すなわち状況(大木を一部分としてうちに含む。以下おなじ)が今どんなかを知ることであり、
  2. 大木が過去どのようにあったかを把握するというのは、状況が過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、大木が将来どのようにあるかを予想するというのは、状況が将来のそのときにどんなかを予想することである、


 って。


 で、これを縮めて言えばこうなるんじゃないのかな。


 大木を捉えるというのは状況を捉えるということである、に。


今回は記事を(1/3)、(2/3)、(3/3)の3つに分けてお送りします。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。

 

歩みよるにつれ、大木が刻一刻と姿を大きく、かつ、くっきりさせていくことは何を意味するか、確認する〈3/3〉

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第2回

2/3からのつづき

 話のもって行き方、不自然ですかね(まえの頁で書きましたように、いま見てもらっている頁の最後からふたつ目の段落まで読み飛ばしてもらっても全然問題ありませんよ)? でもまあ、そこはみなさんのほうでうまく処理しておいてくださいよ、ね?


 その「他のもののなかに俺の未来体験予想像が含まれるってことの確認も、ですよ? 俺が現にこうして大木に歩みよっているのは、たしかに状況・最小単位説について確認するって約束をみなさんと交わした記憶があればこそです。でも、あの大木の下で寝っ転がりながらみなさんとマッタリお喋りすることを(未来に)予定していなければ、大木の姿はいまみたいに、刻一刻と大きく、かつ、くっきりしていないんじゃないですかね。もし俺が、大木の下で寝っ転がりながらお喋りすることを提案したとき、みなさんが気乗りしないそぶりを見せていたら、俺、即座に別の場所を探し出して、いまごろきっとそっちのほうに向かってましたよ。いま俺の目のまえで大木はこんなふうに、姿を刻一刻と大きく、かつ、くっきりさせてなんかいませんでしたよ。


 大木は、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるってことですけど、その「他のもののなかに俺の未来体験予想像も含まれるって考えていいんじゃないですかね?


 ああでも、こんなふうに細かく見ていくとキリ無いなあ。ちょっと疲れちゃいました。いやそれはみなさんのセリフか。みなさんはやくから聞き飽きてたでしょうね。気がとがめますよ。あれ、みなさんちょっと痩せました?……なんて。やっぱり話の持って行き方、まちがえたかなあ。


 いや、いまさらとやかく言っても仕方ないか。


 ともあれ、第一関門を突破しました歩みよるにつれ大木が姿を刻一刻と大きくかつくっきりさせていくというのは何を意味しているのか確認できました。それは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるかという問いに逐一答えるってことを意味しているんだって、確認できましたよね? いや、確認できたことにしておいてくださいよ。ちゃんとした確認はまたみなさんのほうでしっかりやってもらうことにして、ね? 


 で、そろそろ本題に入りましょうよ、ね?


後日、配信時刻を変更しました。

  • 変更前:21:00
  • 変更後:21:10


今回は記事を〈1/3〉〈2/3〉〈3/3〉の3つに分けてお送りしました。

ひとつまえの記事(2/3)はこちら。


今回の〈1/3〉はこちら。


前回(第1回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。