(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

「ものを捉える=状況把握をする」を確認する〈3/3〉

*医学の言うことはみんな嘘第5回

2/3からのつづき

 いま確認しましたことをまとめましょう。


ものを捉える」とは「状況を捉える」ということですけど、その「状況を捉える」にはつぎの3つがあるとのことでしたね。

  • ①状況が今どんなか知る。
  • ②状況が過去そのときにどんなだったか把握する。
  • ③状況が将来のそのときにどんなか予想する。


 そしてこの3つをみなさんはふだんいつも同時に、「状況把握というかたち(αとβをすること)でやり遂げているということでしたね。

  • α.現在までの状況の推移を把握すると同時に、
  • β.その把握したところをもとに、現在後の状況の推移を類推する。


 したがって、こう言えますね?


状況を捉えるとは状況把握をする」ということである、って?


 なら、こういうことになるじゃないですか。


 あんパンであれ、俺の身体であれ、みなさんの脳であれ、音であれ、匂いであれ、味であれ、俺の過去体験記憶像や、みなさんの未来体験予想像であれ、何であれ、ものを捉えるというのは「状況を捉える」ということ、すなわち「状況把握をする」ということである、って。だが、医学はひとを捉えようとする際、「状況を捉え」ようとはしない(そのひとが渦中にいる状況を捉えようとはしない)。つまり、「状況把握」をしようとしない。代わりにひとの身体に起こる出来事を一点のせいにするんだ、って?


 ついに、みなさんとお別れするときがやってきました。


 冒頭で、医学の言うことはみんな嘘であると失礼にも言い放ち(ただし、支障のない嘘もたくさんあるだろうと付け加えるのを忘れませんでしたね)、そう言う理由として、矢継ぎ早に俺、つぎの3つをあげましたね。

  1. 医学は健康と病気の定義(治るの定義)に失敗している。
  2. 医学は身体を機械と見誤っている。
  3. 医学は誤って、身体に起こる出来事を一点のせいにしている。


 で、順にこの3つを確認してきましたね。


 果して、医学の言うことはみんな嘘だと言うと言いすぎになるのでしょう、か?


 それでは、みなさん、ごきげんよう。つぎのつぎにお送りのする予定である、短編集統合失調症と精神医学と差別」で、1番「医学は健康と病気の定義に失敗している」を、症例なるものをとりあげながら、ねちっこく見ていくつもりにしていると最後にもう一度お知らせしながら、お別れです。


(下の記事は、その短編集の予告編です。本編は10月頃に、と以前書きましたが、どうやら2020年1月以降にズレこみそうなイキオイです。俺の言うことも嘘ばっかりですね...)

(了)


遅くなりましたが、今回の台風で被害に遭われた方々に衷心よりお見舞い申し上げます。何とお声がけしたらいいのか、戸惑うばかりで言葉がまったく出てこず、非常に申し訳ない気持ちになります。


次回は約1ヶ月後、11月18日(月)21:00にお目にかかります。


今回は記事を3つに分けてお送りしました。

  • ひとつのまえの記事(2/3)はこちら。

  • 今回の最初の記事(1/3)はこちら。


前回(第4回)の記事はこちら。


それ以前の記事はこちら。

第1回


第2回


第3回


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

「ものを捉える=状況把握をする」を確認する〈2/3〉

*医学の言うことはみんな嘘第5回

1/3からのつづき

 いまみなさんに、俺があんパンに近寄っているあいだの一瞬について考えてもらいましたよ。どの瞬間でもつぎのふたつを同時にしているってことでしたね。

  • α.その瞬間(現在)までの状況の推移を把握している。
  • β.そうして把握しているところをもとに、その瞬間(現在)後の状況の推移を類推(予想)している。


 さあ、ここで、αとβをようく見てみてくださいよ。先ほど、「状況を捉える」にはつぎの①②③の3つがあると確認したじゃないですか。

  • 状況どんなか知る。
  • 状況過去そのときにどんなだったか把握する。
  • 状況将来のそのときにどんなか予想する。


 αその瞬間現在までの状況の推移を把握している」についてようく考えてみてくれますか。どうですか。これは「状況を捉える」の②と①に当たりませんか。


 またβの「その瞬間現在後の状況の推移を類推(予想)している」についてもようく見てくださいよ。それは、「状況を捉える」のに当たりません?


 いまこういうことがわかりましたね?


 どの瞬間でも俺は、αとβを同時にしている。そうすることによって、どの瞬間でも、「状況を捉える」のなかの3つ、①②③を同時にしているんだ、って。


 さて、いま、俺があんパンに近寄っている場面について考察してもらいましたけど、こうしたαとβ(AとB)を同時にしている(つまり先の①②③を同時にしている)というのは、あんパンに近寄っている場合だけに限られませんね? みなさん、ふだんいつだってこのαとβAとBを同時にしているじゃないですか。家事をしているときも、日曜大工をしているときも、道路を歩いているときも、電車に乗っているときも、世界情勢に思いをはせているときも、どんなときも常に、ね? 


 では、そうして同時にαとβAとBをしていることをみなさんふだん何とよびます?


 状況把握、とよびません?


今回は記事を3つに分けてお送りしています。

  • ひとつのまえの記事(1/3)はこちら。


前回(第4回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

「ものを捉える=状況把握をする」を確認する〈1/3〉

*医学の言うことはみんな嘘第5回

 ひとつ、あいまいなところが残っているとのことでしたね。そこをいまからきっちり確認して、今度こそ、みなさんとお別れしようと思います(みなさんとお別れしたがっているのではないですよ)。


「状況を捉える」ということについて、ひとつあいまいなところがありましたね。


 こういうことでしたね。


 その「もの」が何であれ、「ものを捉えるとは状況を捉える」ということである。ひとを捉える場合だってそうである。ひとを捉えるというのもまた「状況を捉える」ということである。もっと正確な言い方をすれば、ひとを捉えるというのは、「そのひとが渦中にいる状況を捉える」(そのひとの身になる)ということである。


 しかし、そんなふうに「ものを捉える」とは「状況を捉える」ということであるとなぜ言えるのか。


 先ほど、なぜそう言えるのか、あんパンをもちいて見ましたね。


 そのとき、「状況を捉えるというのにはつぎの3つがあるって確認したじゃないですか。

  • ①状況がどんなか知る。
  • ②状況が過去そのときにどんなだったか把握する。
  • ③状況が将来のそのときにどんなか予想する。


 でも、この3つをみなさんがいつどんなふうにしているのかイマイチはっきりしないということでしたね。それぞれを別のときにしているのか、それとも同時にしているのか、よくわからないとのことでしたね。


 さあ、では、そのあいまいなところをこれから判然とさせていきましょうよ、みなさんとお別れするまえに、ね?


 再度あんパンを例に見ていきますよ。


 先ほどみなさんに想像してもらったじゃないですか。俺があんパンに近寄っている場面を? あんパンにそうして近寄っているあいだのある一瞬をいま一度、みなさん、考えてみてくれますか。


 あんパンに近寄っているあいだ、どの瞬間でも、俺はつぎのふたつのことを同時にしてましたよ、ね?

  • A.その瞬間(現在)まで、どのようにあんパンに近寄ってきたか、把握している。
  • B.その把握しているところをもとに、その瞬間(現在)からあと、どのようにあんパンに近寄っていくか、類推(予想)している。


 俺があんパンに近寄っているあいだ、どの瞬間をとってもこのAとBのふたつを同時にしてたじゃないですか、ね?


 このAとBはそれぞれ何を意味するのか、いまから考えていきますよ。


 その瞬間現在までどのようにあんパンに近寄ってきたか把握しているとはどういうことなのか


 みなさん、どういうことだと思います?


「その瞬間(現在)まで、一瞬一瞬の状況がどんなだったか把握している」ってことじゃありませんか。


 つまり、「その瞬間(現在)までの状況の推移を把握している」ってことじゃないですか、ね?


 いっぽう、Bについてもおなじことが言えません?


 その瞬間現在からあとどのようにあんパンに近寄っていくか予想している」とはどういうことか。


 それは、「その瞬間(現在)後の状況が一瞬一瞬どんなか予想している」ということじゃありませんか。


 つまり、「その瞬間(現在)後の状況の推移を予想している」ってことじゃないですか、ね?


今回は記事を3つに分けてお送りします。


前回(第4回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

なぜ「ものを捉える=状況を捉える」なのか(3/3)

*医学の言うことはみんな嘘第4回

2/3からのつづき

 いま、「ものを捉える」とは「状況を捉える」ということであるとなぜ言えるのか、あんパンを例に確認しましたね。あんパンに言えたこうした一連のことはほかのどんなものにだって言えますよ、ね?


 たとえば俺の身体を考えてみてくださいよ。俺の身体も、あんパンとおなじで、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、逐一答えるものじゃないですか。


 あんパンに近寄っていく場面を先ほどみなさんに想像してもらいましたよね? まさに、あんパンに近寄っていくというのは、俺の身体にとって、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、一瞬、一瞬答えていくことに他ならないじゃないですか、ね?


 ほら、俺の身体を捉えるということについても、「状況を捉える」ということであると言えますよ、ね?


 おなじく、みなさん(の身体)だって、みなさんの脳や心臓だって、電灯の光だって、その他の物や、音、匂い、味だって、また俺の過去体験記憶像(俺が記憶している過去体験のこと、でしたね)や、未来体験予想像(俺が予想している未来体験のこと、でしたよね)だって、さらにはみなさんの過去体験記憶像や未来体験予想像だって、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、逐一答えるものじゃないですか。


 なら、あんパンや俺の身体に言えるように、それらひとつひとつについても、それを捉えるというのは「状況を捉える」ということだって言えるじゃないですか、ね?


 さて、「ものを捉えるとは状況を捉えるということであるとなぜ言えるのか、ここまで確認してきました。


 その「状況を捉えるにはつぎの3つがあるとのことでしたね?

  • ①状況がどんなか知る。
  • ②状況が過去そのときにどんなだったか把握する。
  • ③状況が将来のそのときにどんなか予想する。


 この3つをみなさんはいつどんなふうにします? あるときは①をし、また別のときには②、もしくは③をするといった感じですか? それとも、同時に①②③をします?


 ちょっとその辺り、話がまだ漠然としていますね? 最後にそこのところをもっと詰めておいたほうが良さそうな気がしません?


 みなさんとお別れするのをひとつ先に延ばしましょうか、ね?


ものを捉えるとは状況を捉えるということであるというこのことを以前、下の記事でより詳しく確認しました

  • 2019年4月1日の記事

  • 上の記事のつづき

  • さらにそのつづき


今回は記事を3つに分けてお送りしました。

  • ひとつまえの記事(2/3)はこちら

  • 今回の最初の記事(1/3)はこちら。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

なぜ「ものを捉える=状況を捉える」なのか(2/3)

*医学の言うことはみんな嘘第4回

1/3からのつづき

 じゃあ、今度は、俺がそのあんパンに近寄っている場面をひとつ想像してみてくれますか。


 俺が近寄ると、あんパンはどうなります?


 あんパンの姿は刻一刻と大きくなっていきません? そして、頭の上にまぶされているゴマ粒ひとつひとつが判別できるくらい、姿がくっきりしてきません?


 俺が右から回り込むように近寄っていけば、あんパンは、それまで「見えないありよう」をとって右側面部だったところを、「見えるありよう」に変えて、正面にもってきますよね? 同時に、さっきまで「見えるありよう」をとって正面部分だったところを、「見えないありよう」をした左側面に変えていきながら、ね?


 このようにあんパンは、俺の身体がどこにどのようにあるかに応じて姿を変えますね? つまり、あんパンは、「俺の身体と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、逐一答えますよ、ね?


 さらにあんパンは、俺が近寄るにつれ、電灯の光を浴びてできた光の輪(天使の輪)の位置を刻一刻と変えてもいくじゃないですか。


 そうして、「電灯と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いにも、逐一答えていくじゃないですか。


 以上まとめて言えばこういうことですよ。あんパンは、俺の身体や電灯といった「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか、という問いに、逐一答えるものなんだ、って。


 したがって、いまわかったことからこう考えられますね?

  1. あんパンが今どのようにあるかを知る、とはどういうことか。それは、あんパンが、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、今どう答えているか、知ることである。すなわち、あんパンと他のものとが共に在るありようが、今どんなか知ることである。
  2. あんパンが過去どのようにあったかを把握する、とはどういうことか。それは、あんパンが、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、過去そのときにどう答えていたか、把握することである。すなわち、あんパンと他のものとが共に在るありようが、過去そのときにどんなだったか把握することである。
  3. あんパンが将来どのようにあるかを予想する、とはどういうことか。それは、あんパンが、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに、将来のそのときにどう答えているか、予想することである。すなわち、あんパンと他のものとが共に在るありようが、将来のそのときにどんなであるか予想することである。


 いま言ったことを短くして言い直すとこうなりますね。

  1. あんパンが今どのようにあるかを知る、とは、あんパンと他のものとが共に在るありようが、今どんなか知ることである。
  2. あんパンが過去どのようにあったかを把握する、とは、あんパンと他のものとが共に在るありようが、過去そのときにどんなだったか、把握することである。
  3. あんパンが将来どのようにあるかを予想する、とは、あんパンと他のものとが共に在るありようが、将来のそのときにどんなか、予想することである。


 いま1から3までのなかにこういう言いかたが出てきたじゃないですか。あんパンと他のものとが共に在るありよう、って。それって、みなさんがふだん使うもっと簡単なひと言で言い換えると何になると思います?


 あんパンと他のものとが共に在るありよう、ですよ?


 それってみなさんの馴染みのひと言で言えば、状況、になりません?


 いや、あんパンと他のものとが共に在るありようは、状況、になりますよね?


 だとすれば、さっきの3つはさらにこう言い改められるじゃないですか。

  1. あんパンが今どのようにあるかを知る、とは、状況が今どんなか、知ることである。
  2. あんパンが過去どのようにあったかを把握する、とは、状況が過去そのときにどんなだったか、把握することである。
  3. あんパンが将来どのようにあるかを予想する、とは、状況が将来のそのときにどんなか、予想することである。


 で、この3つをひとつにまとめて言えば、こうなりません?


あんパンを捉える(知る・把握する・予想する)」とは、「状況を捉えるということである、って?


今回は記事を3つに分けてお送りしています。

  • ひとつまえの記事(1/3)はこちら。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

なぜ「ものを捉える=状況を捉える」なのか(1/3)

*医学の言うことはみんな嘘第4回

 みなさんとお別れするまえに、いまから、確認を後回しにしておいたものを見ていきますね。


ものを捉えるとは状況を捉えるということであるとなぜ言えるのか確認していきますよ


 こういうことでしたね。


 その「もの」が何であれ、「ものを捉えるとは状況を捉えるということである。ひとを捉える場合だって当然そうである。ところが医学はひとを捉えようとする際、「状況を捉え」ようとはしない。その代わりに、ひとの身体に起こる出来事を一点のせいにする、って。


 でも、出来事を一点のせいにすることは誤りでした、ね?


 したがって、そんな誤った見方をする医学の言うことはみな嘘になってしまうんじゃないかとひどく心配になる、ということでしたね?


 けど、「ものを捉える」とは「状況を捉える」ということであるとなぜ言えるのかについては、確認がまだでした。


 さあ、これから確認していきますよ。


 いま、俺のまえにあんパンがひとつあってそれを俺が見ていると仮定してみてくれますか。そのあんパンをもちいて考察を進めていきますよ。


 みなさん、想像してくれてますかね? 俺が見ているそのあんパンの姿は、俺の眼前数十センチメートルのところにありますよね?


 ただ、そのあんパンのすべてがいま俺に見えているわけではありませんね?


 いや、そんなことは当たりまえです、ね?


 あんパンを目のまえに見ていると言っても、そのあんパンは俺には一部分しか見えていないじゃないですか、ね?


 いまこの瞬間、あんパンは、俺のほうを向いた面のその上っ面しか俺には見えていませんね?


 あんパンの中身も、底面(テーブルに接している面)も、側面(あくまで俺から見てということですよ)も、裏面(前記におなじ)もまったく俺には見えていませんよね? むしろ、あんパンは俺にはほとんど見えていない、と言ったほうが適切なくらいかもしれません、ね?


 だとすれば、どうなります? いま俺の目のまえにはあんパンの、そうしたまったく見えていない、中身、底面、側面、裏面はことごとくみな存在していないということになりますかね? 存在しているのはあんパンの、俺のほうを向いた面の、現に見えているその上っ面だけ、ということになりますかね?


 なりませんよ、ね?


 あんパンの、俺のほうを向いた面の、その上っ面は、見えるありようとでも言うべき姿で、たしかに俺のまえに存在していますね? でも俺の目のまえのソコに存在しているのはそれだけではありませんね? あんパンの中身も、底面も、側面も、裏面も、見えないありようとでも言うべき姿で、俺の目のまえのソコに存在しているじゃないですか、ね?


 いま、こう言いましたよ。あんパンが俺の目のまえに、「見えるありよう見えないありようから成る姿で存在している、って。


今回は記事を3つに分けてお送りします。


前回(第3回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。

 

医学の言うことがみんな嘘になる理由、出来事編《3/3》

*医学の言うことはみんな嘘第3回

2/3からのつづき

 つまり、出来事を一点のせいにするというのは、詳しく言えば、

  • (a)出来事が好ましい場合には、すべてをその一点のおかげとし、その一点を過大評価すること、
  • (b)出来事が好ましくない場合には、すべてをその一点におっかぶせ、その一点をとり除きさえすればイイとすること(排外主義の論理)、


 です、ね?


 (a)ならそうですねえ、医学は、最近数十年のあいだに感染症なるものが少なくなってきたのを、よくワクチン一点のせいにするじゃないですか? そうしてすべてをワクチン一点のおかげとし、ワクチンを過大評価するじゃないですか、ね(特に、天然痘の撲滅をワクチン一点のせいにして、ワクチンを過大評価するという手をよく見るような気がしますけど、気のせいですかね)? 感染症なるものが減ってきたのをワクチンだけのおかげとするなんて、どう考えたって極端なのに、ね?


天然痘が実際にどのように撲滅されたかは、たしかこの本に詳しく書いてあったんじゃないかな)


 いっぽうの(b)ですけど、医学は、身体に起こる出来事をウィルスとか、細菌とか、ガンとか、アミロイドβとか、とかく一点のせいにし、すべてを一点におっかぶせてきました、ね? で、その一点をとり除きさえすればイイとしてきました、ね? そうした一点をとり除くために、臓器ごとごっそり摘出する手術をしたり、副作用のキツイ薬剤を投与したりして、ね?


 でも、そうした、一点をとり除きさえすればイイとする手術や薬剤投与の結果、医学が期待している「都合の良いこと」(利益)が身体に起こってくると仮にしてもですよ、身体に起こるのはそんなことだけですかね? 「都合の悪いこと」(不利益)も身体に起こってきて何ら不思議はないんじゃないですか、ね?


 たとえばガン治療なんかで、臓器ごとごっそり摘出したり、抗がん剤を投与したりすると、しばしば合併症なるものが起こったり、副作用が出たりするじゃないですか。ほら、「都合の悪いこと」(不利益)も結果として現に身体にしばしば起こってくるじゃないですか。


 なら、身体に起こってくるその都合の悪いこと」(不利益、身体に起こる「都合の良いこと」(利益をしのぐ、なんてことにならないとは断言できないじゃないですか、ね?


 実際は、一点をとり除きさえすればイイなんてそんな単純なことではありませんね? ちょっと周りを見回してみてくださいよ。医学は一点をとり除きさえすればイイと請け合ったが、その請け合ったとおりにはならなかったということ、かなり多いような気がしません?


 さあ、みなさん、どうですか。身体に起こる出来事を一点のせいにするという誤った見方にもとづいて医学が言うことはみな嘘になると言うしかないんじゃないのかなあって、思いません(それが支障のない嘘か、それとも致命的な嘘なのかは、ともかくとして、ね)?


 さて、おかげさまで、いまひとしきり話し終わりましたよ。けど、確認を後回しにしておいたのがひとつありましたね。最初にいきなり、「ものを捉える」とは「状況を捉える」ということであると言ったじゃないですか。なぜそう言えるのか確認するのがまだ残ってましたね。


 じゃあ、最後にその話をしましょうか。


今回は記事を3つに分けてお送りしました。

  • ひとつまえの記事(2/3)はこちら。

  • 今回の最初の記事(1/3)はこちら。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。