(新)Nothing happens to me.

科学はボタンをかけ違えたまま来たのではないでしょうか。

「身体すり替え事件」

科学が身体について説明しているのを聞いていると、こんな思いにとらわれます。「やっこさん、ホンモノの身体をどこかに始末しちまった? でもどうやって? そして動機は?」

身体が遺伝子会長とその子飼いの脳社長に牛耳られる/

身体すり替え事件第4回 では、科学は、存在を読み替え、さらには存在同士の関係をも別ものにすり替えて、その結果、身体をどのようなものとするのでしょうか。 ここではざっくり結論だけを申し述べます。 科学は存在を読み替えることで、みなさんの身体が、…

関係がすり替えられていた

身体すり替え事件第3回 みなさんが歩み寄るときのとびらについて考えてきました。が、「他と共にどのように在るか」という問いに一瞬ごとに答えるのは、何もこのとびらだけではありません*1。同じ例を引きつづき用いて言えば、みなさんの身体も「他と共にど…

存在が読み替えられていたと判明する

身体すり替え事件第2回 科学はデカルト哲学以来の趨勢にしたがって、事のはじめに存在を読み替えます。 いま部屋のなかにいらっしゃるみなさんが、外に出ようとして、とびらに向かって歩み寄っておられるものとご想像ください。みなさんが歩み寄ると、とび…

事件のオイニイがする

身体すり替え事件第1回 「俺ってこんな存在だったっけ。俺の知っている人間はこんなだっけかなぁ」 科学(病理学や精神病理学を含む)が生き物を説明するのを聞いていると、とても不思議な気持ちになります。一流科学者の本や、国営放送の科学番組ではしば…