(新)Nothing happens to me.

科学はボタンをかけ違えたまま来たのではないでしょうか。

「デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る」

科学は事のはじめに「絵の存在否定」と俺がよぶところの不適切な操作を為し、で、そのあと、存在を別ものにすり替えるところの「存在の客観化」と俺がよぶ作業をします。科学者兼哲学者のデカルトがこの世ではじめて正式に後者の「存在の客観化」をやったときの模様を確認します。

存在から、容姿(色を含む)、音、匂い、味、感触、をとり去ってゴミ箱に捨てるの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第9回 俺の推測が的外れであれなんであれ、デカルトが「存在の客観化」というこの超絶手品によって、存在を、「どの位置を占めているか」ということしか問題にならない何か(延長)にすり替えたのは間違いの…

超絶手品のタネを見破るの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第8回 デカルトは『省察』*1の第2省察で俺たちの目の前に蜜蝋を持って現れたときすでに蜜蝋を、「他と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるものから、無応答で在るものにすり替えて…

デカルト超絶手品のタネ明かしに踏みこもうとする数日前の巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第7回 実際は「他と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるものである存在を、事実に反して、無応答で在るものにすり替えますと、存在の実際の姿から、ほんとうは存在には属していない…

郵便ポストが超絶ダイエットをするの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第6回 さて、存在は実際のところ、「他と共に在るにあたってどのように在るか」という問いに逐一答えるものであるにもかかわらず、事実に反して、このように存在を、無応答で在るもの(客観的なもの)である…

俺氏、コートから色をとりのぞく超絶手品をご披露するの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第5回 前回、ミドリ色のコートを用いて確認しましたように、存在は、「他と共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに逐一答えるものです。にもかかわらず、事実に反して存在を、無応答で在るものと…

人生イロイロイロもイロイロの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第4回 先ほど、俺の愛しのコートはかつてミドリ色だったと申しました。聞いてください。当時こんなことがありました。そのときの俺は急いでいました。ところが、まさにクローゼットからそのミドリ色のコート…

ミツロウが見せた激やせがナゾすぎるの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第3回 しかしなぜ彼はこのように、存在から、当の存在にほんとうは属していないものとして、容姿(色を含む)、音、匂い、味、感触、を取り除くことができたのでしょう。そしてそのあとに残ったものこそほん…

デカルトが紙のムコウで超絶手品を実演してくれるの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第2回 さっそく彼の出演する『省察』という著書を開けてみましょう。第二省察をご覧ください。ほら、紙のムコウにデカルトが立っています。いまから俺たちの前で「存在の客観化」をやってのけようと俺たちが…

一緒に超絶手品を見ませんかとお誘い申し上げるの巻

デカルトの超絶手品ぁ〜ニャで科学は基礎を形作る第1回 先日、「科学は存在同士のつながりを切断してから考える」と題した文章*1で、科学が事のはじめになす、存在同士のつながりの切断をふたつ見ました。そこで、それらふたつをそれぞれ、絵の存在否定*2、…