(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

副作用等を軽視する治療を受けて逆に損をする

みなさんにとって「治る」とは苦しまずに居られるようになること、「治療」とは苦しまずに居られるようになるのに役立つもののことではないでしょうか。しかし医学は「治る」とは正常になること、「治療」とは正常になるのに役立つもののことだとしてきました。そして、正常になるためには、治療からこうむる苦しさ(副作用・毒性・副反応)は我慢するのが当然だとしてきたのではなかったでしょうか。その結果、少なくない数のひとたちが、苦しまずに居られるようになりたいというココロの底からの要望を裏切られ、かえって早くこの世から去って行ったのではなかったでしょうか。

異常なひとを無くすことを医学の目的にするのは危険

障害という言葉のどこに差別があるか考える第21回 科学は健康を正常であること、病気を異常であることと定義し、医学を「異常なひとを無くす営み」と考えます。このように「異常なひとを無くす」ことを医学の目的にするのがいかに危険なことか、確認中です。…

異常を正常に矯正することを治療の目的とするのは危険

障害という言葉のどこに差別があるか考える第20回 科学にとって、健康とは正常であること、病気とは異常であること、医学とは「異常なひとを無くす営み」です。 第1部と第2部では(いまは第3部のまっただ中)、科学によるそうした健康、病気の定義づけに…

みなさんは治療を受けるかどうかお決めになる際、損得計算をなさる

身体をキカイ扱いする者の正体は第11回 機械にしか用いることのできない正常異常という振り分けかたを、機械ではない身体に用いるというのは、「世界によって定められたありようを身体が呈していないこと」を問題にすることでした。世界によって身体はみんな…

科学の目には映らなくなるこの世でもっとも大事なもの

治療の苦しみに耐えれば耐えるほど失敗に近づく第1回 先日「科学は存在同士のつながりを切断してから考える*1」と題した文章を書きました。そこで書きましたのは簡単に申しますと、こういうことでした。科学は事のはじめに、存在同士のつながりを切断します…