(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

理解され得ない人間はこの世に存在しない

医学はひとを正常なものと異常なものとに二分します。ひとを異常と診断するのが、そのひとを「理解され得ないもの」であると不当にも決めつけることである旨確認します。

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(7/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 いまさっき、こう言いましたよね。小林さんは何かの拍子に、ふだんよく耳にするフィル・コリンズの曲を頭のなかでつい再生してしまったのかもしれませんね、って。 でも、小林さんには、自分がそこでそ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(6/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 ◆フィル・コリンズも交信に加わってくる さらに小林さんは、こうも書いていますよ。 フィル・コリンズが自分も交信できることを主張し、僕の心臓の鼓動を支えるようにドラムを叩いてくれた。色んな人に…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(5/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 ◆同時に自分の閃きを疑う でも、いま例に出しました間違い電話の場合、いつも慎重なみなさんなら、どうします? 「また、おなじひとからかも」と閃いたそのとき、同時に、その閃きを疑ってもみませんか…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(4/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 ◆とんねるず木梨憲武とテレパシーで交信する 小林さんはさらにこうも書いています。 突然とんねるずの木梨憲武が交信してきた。 「木梨?」 と聞くと、彼は、 「あしたのジョー」 と答えた。これはとん…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(3/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 いまの推測をふり返ってみますね。 小林さんが布団のなかで、いろんなひとや団体のことを思い浮かべながら、「協力してほしい」と、ちからを込めて強く願っていたところ、手足が震えたり、背中がぞくぞ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(2/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 ◆テレパシーでの交信の仕方 どんな内容だったか残念ながら忘れてしまったが、テレパシーで会話できるのはミックだけではなく、あらゆる人間と交信できることがわかった。交信を司る器官は頭の中だけで…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(1/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で8回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 ◆正体を確かめに行ってはいけない さらに小林さんはこうも言っていましたね。その足音について、「起きてドアを開けて一階に行けば確かめられるが、なぜかそれをしてはいけないという自制心が働き、僕…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(5/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 でも、それと同時に、そうした自分の閃きや発想が、疑わしく思えてきても何らおかしくはなかったのではないでしょうか。要するに、その足音は実は、珍しく階上にやって来ていた妹のものだったのかもし…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(4/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 ◆誰かがあわててドア向こうの階段を駆け降りていく さらに先に進みますね。このあと、小林さんはお風呂に入り、テレビを見ます。そのときのことを小林さんはこう書いていますよ。 「翌日は六時起きなの…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 ◆宮崎キャスター「一人が発狂しました」 さらにテレビでは、「宮崎緑キャスターが、『アミノ酸製剤を四人に投与したところ、一人が発狂しました』という意味不明のニュースを報じた」と小林さんは言っ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(2/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 ◆同時に他の可能性にも思いをはせる だけど、どうですか。いま引き合いに出した、ちょっとした物音にもビクっと反応し、「殺し屋が来た!」と身構えたガンマンは、急いでホルダーから拳銃をとり出した…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(1/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で7回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.6(統合失調症理解#14)(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.26 ◆ここまでを簡単に振り返る 先の引用の直後をさらに見ていきますよ。とうとう小林さんは、悪意あるその「何者か」にどん詰まりまで追い詰められてしまいます。 僕は心底疲れ、往来の真ん中で大声で叫ん…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.6(統合失調症理解#14)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.26 ◆そば屋のおかもちから割り箸をとり出した時 どんどん先に進みますよ。さっきの引用の直後を見ますね。小林さんはその悪意ある「何者か」にジリジリと追い詰められていきます。 ところがその路地は工事…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.6(統合失調症理解#14)(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.26 ところで、まえのほうで俺、こう言っておきましたよね。小林さんは前日、時の内閣が自分のことを守ろうとしてくれていると本気で思い込んだ結果、時の内閣から監視されていると感じ考えることになった…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.6(統合失調症理解#14)(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.26 もしくは、こういうことだったのかもしれませんね。 小林さんは、「世界は僕のためにある」ということの恐ろしい真の意味をついに理解したと思ったとき、ふとある場面を想像した。それは、遠くから自分…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.6(統合失調症理解#14)(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.26 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で6回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 大学構内を出て、グラウンド坂を少し下がり、学生時代よく行っていた「キャプテン」という喫茶店をのぞいてみようと思ったが、シャッターが閉まっていた。(略) 考え事をしながらフラフラ歩いていくと…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(5/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 ◆「世界は僕のためにある」への違和感 では、つぎに、「世界は僕のためにある」というのが違和感を与える、ということの意味について考えてみますよ。 この日、早稲田大学に向かいはじめてからここまで…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(4/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 ◆「世界は僕のためにある」という誤った手応え ところで、いま小林さんは「世界は僕のためにある」とか、「それがこんなにも違和感を与えるものだとは思っていなかった」とかと言っていましたよね。再…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 ◆ずっと抱いていた疑問が解けたとき 先の引用の直後をさらに見ていきますよ。先のほうで予告しておきましたように*1、小林さんが、立てつづけに可愛い女性に出会うことをはじめとした、いろんなことに…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(2/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 ◆クズかごの中身に不自然さを感じる さあ、どんどん先に進みましょう。さっきの引用の直後を見ますよ。 その後、演劇博物館へ行き、大隈庭園へ行った。(略) グラウンド坂の方へ行こうと、再び大学構…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.5(統合失調症理解#14)(1/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.25 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で5回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆ここまでを簡単に振り返る この要領で引用のつづきをどんどん見ていきますよ。 いや、そのまえにこの辺りで一度、これまでをすこしふり返っておきましょうか。 みなさん、ここまで、どうでした? (精…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆目に涙をいっぱいためてこちらを見ている女性 さて、つぎの場面に進むまえに、ここで、その3人組のなかの女子学生にちょっと話を戻してみましょうか。小林さんが3人に喋りかけているあいだ、「女の…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 でも、なぜこの場面でいきなり、「田中角栄と竹下登の分身」といった発想が小林さんのもとに浮かんできたのでしょうね? みなさん、ここでちょっと思い出してみてくれませんか。その前日、小林さんは、…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆大学生3人組と会話する 立てつづけに可愛い女性に出会ったことや、やけに車が接近してきたことに「不自然さ」を覚えつつ、光が丘公園にやって来た小林さんは、そこで用を済ませたあと、その日の最終…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で4回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.3(統合失調症理解#14)(3/3)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.23 いまこう推測しましたよ。 小林さんは、「なります」と書かれた駅名標示から、「ボクが何かになります」という駄洒落を考えついた(現実)。ところがその反面、小林さんには、自分がそんな駄洒落を考え…