(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9 ◆実は異常ではない さあ、男子大学生さんが「隣から悪口が聞こえてくる」「頭の中に機械が埋め込まれている」と訴え、隣家に怒鳴り込んだり、頭の中の機械をとり除いてもらうべく脳外科を受診したりす…

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9 ◆「頭の中に機械が埋め込まれている」 さて、男子大学生さんは初診時に、「隣から悪口が聞こえてくる」とこのように訴える他、「頭の中に機械が埋め込まれている」とも主張していたとのことでしたよね…

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9 つまり、こういうことですよ。 たとえば、大学から帰宅したあと部屋でひとりになった男子大学生さんが、自分はひとに内心「勉強できなさそうだなあ」とか「家にばかりいて何してるの?」といったように…

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9 ◆「隣から悪口が聞こえてくる」 「隣から悪口が聞こえてくる」という前者の訴えについては以前どこかで考察したような気が、みなさん、しませんか。何か思い出しません? 統合失調症と診断されたつぎの…

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9 目次・ほんとうは「理解可能」である・「隣から悪口が聞こえてくる」・「頭の中に機械が埋め込まれている」・実は異常ではない ◆ほんとうは「理解可能」である この世に「理解不可能」なひとなど、ただ…

統合失調症の「悪口が聞こえてくる(幻聴)」を理解する(統合失調症理解#1)(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.8 さて、ここまで、(精神)医学に実際に統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきたひとりの男性患者さんを見てきました。 みなさん、どうでした? その男性患者さんはほんとうに、(精…

統合失調症の「悪口が聞こえてくる(幻聴)」を理解する(統合失調症理解#1)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.8 では、いまからこの①から③までをすこし吟味してみますよ。 まず①(現実)を見てくれますか。この男性患者さんのように、誰かに責められたあと、他のひとたちにも内心悪く思われているのではないかとし…

統合失調症の「悪口が聞こえてくる(幻聴)」を理解する(統合失調症理解#1)(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.8 くどいかもしませんが、いま見たところをもうちょっと詳しく確認しておきますね。 男性患者さんには自信があったのではないかということでしたよね。ひとに内心悪く思われているのではないかと自分が気…

統合失調症の「悪口が聞こえてくる(幻聴)」を理解する(統合失調症理解#1)(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.8 早速はじめますよ。 たびたび文章を引用させてもらっている、岡田尊司精神科医の著書『統合失調症』(PHP新書、2010年)から、統合失調症と診断されたつぎの男性患者さんに登場してもらいますね。この…

統合失調症の「悪口が聞こえてくる(幻聴)」を理解する(統合失調症理解#1)(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.8 この世に「理解不可能」なひとなど、ただのひとりも存在し得ないということを以前、論理的に証明しましたよね。 (参考:そのときの記事をいちおう挙げておきますね。) だけど、医学はこの世に「理解…

医学を勉強するほど、人間理解力は低下する(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.7 ◆結論(医学を勉強するほど人間理解力は低下する) ひとはみな、正常で、「理解可能」です。にもかかわらず、医学は一部のひとたちを不当にも異常と決めつけ、「理解不可能」であるということにして差…

医学を勉強するほど、人間理解力は低下する(3/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.7 ◆ひとが最初から「理解できる」場合(例、PTSD) あるひとがいて、そのひとのことがすぐに理解できたと今度は想像してみてくれますか。その場合、ほんとうは正常で、「理解可能」であるそのひとを不当…

医学を勉強するほど、人間理解力は低下する(2/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.7 ◆ひとが当初、「理解できない」場合(例、統合失調症) あるひとがいて、そのひとのことが当初、理解できないとまず仮定してみてくれますか。でも、この世に「理解不可能」なひとなどただのひとりも存…

医学を勉強するほど、人間理解力は低下する(1/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.7 目次・2点復習・ひとが当初、「理解できない」場合(例、統合失調症)・ひとが最初から「理解できる」場合(例、PTSD)・結論(医学を勉強するほど人間理解力は低下する) ◆2点復習 今回は、(精神)医…

理解不可能(了解不能)な人間がこの世に存在しないことを確認する(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.6 ◆結論(理解不可能な人間はこの世に存在し得ない) (精神)医学は、健康を正常であること、病気を異常であることと定義づけてやってきたということでしたよね。そうしてひとを、正常なものと、異常な…

理解不可能(了解不能)な人間がこの世に存在しないことを確認する(3/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.6 ◆正常、異常の意味を突きつめる さあ、いま獲得しましたふたつの等式については、あとでまた持ち出すこととして、つぎは、正常、異常という言葉の意味をすこし掘り下げてみることにしましょうか。 (精…

理解不可能(了解不能)な人間がこの世に存在しないことを確認する(2/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.6 ◆理解することの意味 早速はじめましょう。 誰かが笑っているものとまずみなさん、想像してみてくれますか。当初みなさんにはそのひとのことが理解できないと仮定しますよ。「可笑しいことなんて何もな…

理解不可能(了解不能)な人間がこの世に存在しないことを確認する(1/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.6 目次・この世に「理解不可能」な人間は存在するか・理解することの意味・正常、異常の意味を突きつめる・結論(理解不可能な人間はこの世に存在し得ない) ◆この世に「理解不可能」な人間は存在するか …

「発達障害」を例に、誰が医学に差別されるのか確認する(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.5 今回は、医学に不当にも異常と決めつけられて差別されてきたのは、そしてされていくのは、「標準より劣っている」と医学に思われるひとたちであるということを、広汎性発達障害の診断を例に確認しまし…

「発達障害」を例に、誰が医学に差別されるのか確認する(3/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.5 さあ、さらに突っ込んで、先の引用のつづきを見ていきましょう。さっきの①から③(ウイング精神科医が提唱したと言う3つの特性のこと)がより詳しく解説されていきますよ。そこに注目してみてください…

「発達障害」を例に、誰が医学に差別されるのか確認する(2/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.5 先日、双極性障害とか発達障害とかと言うときの「障害」という言葉の意味を確認したの、ちょっと思い出してみてくれますか。そうですね。その「障害」という言葉は、「異常」という差別用語の単なる言…

「発達障害」を例に、誰が医学に差別されるのか確認する(1/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.5 今回は、発達障害なるものを例に、診断という名の差別について見ていきますね。 でも、そのまえに、これまでに確認した事項を3点、簡単におさらいしておきましょうか。 ずいぶんまえに、健康、病気、に…

障害、障がい、障碍、はどれもみな差別用語である(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.4 ◆「脳の障害」という言葉を例に確認する (精神)医学はこれまで、精神病は「脳の障害」であると言ってきましたよね。今度はその「脳の障害」という表現を見てみますよ。 異常なひとはこの世にただのひ…

障害、障がい、障碍、はどれもみな差別用語である(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.4 ◆「発達障害」という言葉を例に確認する さあ、いま見ましたこの流れ(先の1から4)をここでひとつ、例をもちいて確認してみることにしましょうか。 この世に異常なひとはただのひとりも存在し得ない…

障害、障がい、障碍、はどれもみな差別用語である(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.4 いま最後にたどり着きました(先の箇条書き3番)、ひとが「作り手の定めたとおりになるのを・身体のなかの一点によって妨げられている」というのは、こういう文型に当てはまりますよね。 何々が「Aに…

障害、障がい、障碍、はどれもみな差別用語である(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.4 ◆障害という言葉は、異常という差別用語の単なる言い換えにすぎない ひとを異常と言うのは、何をどうすることだったか、みなさん覚えていますか。 そうですね、それは、 ①そのひとを、「作り手の定めた…

障害、障がい、障碍、はどれもみな差別用語である(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.4 目次・障害という言葉の表記を改めるべきか?・障害という言葉は、異常という差別用語の単なる言い換えにすぎない・「発達障害」という言葉を例に確認する・「脳の障害」という言葉を例に確認する・問…

医学に差別されるのは誰か(3/3)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.3 異常なひとなどこの世にただのひとりも存在し得ないにもかかわらず、つまり、言うなれば、ひとはみな正常であるにもかかわらず、医学に不当にも異常と決めつけられて差別されてきたのは、そしてされて…

医学に差別されるのは誰か(2/3)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.3 医学は、勝手な基準を設けて、ひとをつぎのように3つに分けます。 標準的なひとたち(ひと並みのひとたち) 標準より優れているひとたち 標準より劣っているひとたち 1は、世間でよく使われる言葉で…

医学に差別されるのは誰か(1/3)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.3 今回は、医学に差別されてきたのは、そしてされていくのは誰か、確認しますね。 以前に確認したことを、最初に軽くふり返ってから、はじめることにしましょうか。 簡単に言うと、こういうことでしたよ…