(新)Nothing happens to me.

科学はボタンをかけ違えたまま来たのではないでしょうか。

「科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす」

科学が存在・関係をどのように別ものにすり替えるか見ます。

科学の身体説明からぬけおちる、金銭より大事なもの

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第18回 さて、みなさんにお別れ申し上げる頃合いとなった。 僕は酒臭い息をはきながら、実に長々とおしゃべりしてきた。みなさん、僕の拙い表現を適宜、ご自分流に補ったりなさりながら、ここまでガマン強く…

続・科学は万能か?①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第17回 先刻こう申し上げた。 事のはじめに「絵の存在否定」という不適切な操作をなす科学は、それに引きつづいて「存在の客観化」という存在と関係のすり替え作業をやり、この世に実在するのは、「見ること…

続・科学は万能か?②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第17回 (①のつづき) ながらく心は、非物質と考えられてきたけど、現代科学はもはや心とは脳(の物質的活動)のことだと考える。それに合わせて「身体の感覚部分」のことも非物質ではなく、物質的活動である…

科学は万能か?①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第16回 事のはじめに「絵の存在否定」という不適切な操作をなす科学が、それにひきつづいて「存在の客観化」という存在と関係のすり替え作業をやり、この世に実在するのは「見ることも触れることもできず、音…

科学は万能か?②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第16回 (①のつづき) そもそもみなさんにとって身体とは何か。 まえのほうで確認しておいたように、おなじ場所を占めている「身体の感覚部分」と「身体の物的部分」とを合わせたもののことである。身体のう…

科学は音から音、匂いから匂い、味から味をとり除く①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第15回 科学は事のはじめに「絵の存在否定」という不適切な操作をなし、僕が現に目の当たりにしている柿の木の姿を、僕の前方数十メートルのところにあるものではなく、僕の心のなかにある映像であることにす…

科学は音から音、匂いから匂い、味から味をとり除く②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第15回 (①のつづき) これまで、僕が柿の木に歩みよっている場面をもちいて(本人にはそんなつもりは毛頭ないが)ダラダラとおしゃべりしてきた。その場面をみなさんには、遅刻しそうになった僕が上空からパ…

科学がやる「存在の客観化」というのはどんな作業か、中間報告

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第14回 科学の「存在の客観化」という存在と関係のすり替え作業を、なぜか柿の木をもちいてここまで見てきた。 先に進むまえにここで、その作業過程をいったん箇条書きでもって復習しておこうとする、僕の神…

とうとう小さなアイツがやって来る

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第13回 科学がやる「存在の客観化」という存在と関係をすり替える作業について確認中である。僕が柿の木に歩みよっている場面をもちいて、柿の木がその作業の末、とうとう、「どの位置を占めているか」という…

fakeなあの世界的大発明品、あらわる

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第12回 僕が柿の木に歩みよっている場面をもちいて「存在の客観化」という存在のすり替え作業を見ている。 柿の木は、僕が歩みよれば、その姿を刻一刻と大きくし、太陽が雲間にかくれたり雲間から顔を覗かせ…

存在が、魅惑の、変身①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第11回 僕が柿の木に歩みよっている場面をもちいて考察している。 「存在の客観化」で、柿の木は、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに一瞬ごとに答える相対的なものから、無応答…

存在が、魅惑の、変身②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第11回 (①のつづき) そう、僕は上空から、ほんの豆ツブみたいな柿の木が急速に大きくなっていくのを、パラシュートを開く時機をいまかいまかとはかりながら、目の当たりにしていた(急速に大きくなっていっ…

科学はいつだって、自分の思い込みに合うよう現実を修正する

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第10回 科学は事のはじめに「絵の存在否定」という不適切な操作をなし、「存在の客観化」という存在すり替え作業をやるハメに陥るとのことだった。 どういうことだったか。 僕が柿の木に歩みよっている場面を…

「存在の客観化」とは存在を別ものにすり替える作業①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第9回 僕が柿の木に歩みよっている場面をご想像いただきながら、柿の木と僕の身体について確認した。 長々となんやかや申し上げてきたが、要は、柿の木にしろ、僕の身体にしろ、「他のものと共に在るにあた…

「存在の客観化」とは存在を別ものにすり替える作業②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第9回 (①のつづき) みなさん、ご想起あれ。科学が事のはじめになす「絵の存在否定」という不適切な操作を冒頭で復習した、あのときのことを。 そのさい、僕が柿の木を見ているある一瞬をお考えいただいた…

身体も「チーム・柿の木」のメンバーである

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第8回 僕が柿の木に歩みよっている場面をみなさんに、ご自分ごとのように想像していただきながら、つぎのことを確認した。 1.柿の木 柿の木は「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問い…

柿の木を捉えるとは「チーム・柿の木」を捉えること

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第7回 柿の木に僕が歩みよっている場面をみなさんにご想像いただきながら、柿の木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに一瞬ごとに答えているのをご確認いただいた。いや、柿の…

柿の木は八方美人である

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第6回 柿の木に僕が歩みよっている場面を、ようやくみなさんに、僕におなりになったつもりでご想像いただいているところである。 柿の木はその姿を、僕が歩みよるにつれ刻一刻と大きくし、目を閉じれば全体…

柿の木は気遣う

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第5回 みなさんには、いまこの瞬間、僕が柿の木を目の当たりにしているとご想像いただいている。その柿の木の姿は、僕の前方数十メートルのところにある。だけど、科学は事のはじめに「絵の存在否定」という…

みなさんにとって身体とは何か

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第4回 いまこの瞬間、僕が前方数十メートルのところにある柿の木を見ているとみなさんはご想像くださっている。 これから僕はいっぽいっぽ歩みよっていこう。 何に? その柿の木に。柿の木は、僕のほうを向…

みなさんが顔面ヒラヒラ怪獣にすぎないか白黒はっきりさせる①

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第3回 僕がいまこの瞬間、柿の木を見ているとご仮定いただいたうえで、科学が事のはじめになす「絵の存在否定」という不適切な操作をちらっと実演してお見せした。 それを、つぎのように箇条書きでまとめて…

みなさんが顔面ヒラヒラ怪獣にすぎないか白黒はっきりさせる②

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第3回 (①のつづき) じゃあ早速みなさん、僕におなりになったつもりで、つぎのようにご想像いただけるだろうか。 いま僕の前方数十メートルのところに柿の木がいっぽんある。僕は先ほどからその柿の木を見…

科学のはじまりはいつも「絵の存在否定」

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第2回 科学は事のはじめに「絵の存在否定」という不適切な操作をなし、僕が体験するもの一切を 現に僕が目の当たりにするみなさんの姿、現に聞くみなさんの美声、現に嗅ぎ味わうワンカップ大関の匂いと味、…

今回語り直すのは「存在の客観化」という名のエゲツない作業

科学が存在をすり替えるのをモノカゲから見なおす第1回 先日、科学を科学たらしめる、おどろくべき科学の出発点についてひっしのパッチで語り直した。「科学の出発点をナミダナミダで語り直す*1」という(いかがわしい)タイトルで。科学が事のはじめに「絵…