(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

出来事を一点のせいにするのは人間の野蛮な悪癖

まとめ

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第8回 以上、科学のガン論とガン治療法にたいし、近藤さんがお示しになっている疑念について、オロカモノなりに考察してきた。その考察をとおしてオロカモノの俺が学んだのは、生物を扱うようになると科学は一転、「…

ガン治療は癒しを目的としていない

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第7回 それに比べると、科学のガン治療はどうだろう。科学は、ガンという一箇所をとり除くことにしか配慮しない。この一箇所をなくせるかどうかのみが、ガン治療の成功と失敗の分かれ目である。患者さんのガンという…

癒しを目的とする治療とは

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第6回 ここでもふたたび、出来事を一箇所のせいにする見方からふりかえろう。これまで繰り返し申し上げてきたように、物理学では、出来事を一箇所のせいにはしない。ビリヤード台のうえでどんな出来事が起こるかを的…

一箇所にしか配慮しないで為すガン治療

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第5回 ガンという一箇所にしか配慮せずとも、「苦と死という出来事」が必ず起こってくると予想できるのかどうかは、事実観察によって見極めるしかないと、猛毒について触れたところで書いた。そこで、じっさいに事実…

ガンを死因と特定したときの手続き

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第4回 まさかそんなはずはない、正規の手続きで科学はガンを「どんな場合でも、苦と死という出来事を引き起こす一箇所」だと特定したのだ、とおっしゃるかたもおいでかもしれない。おそらくその手続きとはこのような…

一箇所にしか配慮しないでひとの未来を予想できるか?

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第3回 「いや、出来事を一箇所のせいにすること、すなわち、一箇所にしか配慮せずともどんな出来事が起こってくるか予想すること、は可能である。たとえば服毒死という出来事については、猛毒という一箇所だけのせい…

物理学なりの状況把握

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第2回 ここのところずっと繰り返し書いているように、科学は生きものを扱う段になると、物理学では決してしないことをしはじめる。つまり、出来事を一箇所のせいにするようになる。ふたつの疑念について考察するにあ…

ガン医療に対するふたつの疑念

*『患者よ、がんと闘うな』の近藤誠さん第1回 みなさんご存じのように、近藤誠さんというお医者さんがおいでである。1990年代中頃から、ガン治療にかんし警鐘を鳴らしつづけていらっしゃる放射線治療医である。その彼は、オロカモノの俺が意訳するところに…

ガンを生じさせる原因はあるのか

事故が起きるとします。するとテレビがさっそくその事故について報じます。そして番組内では、道行くひとがレポーターに感想を聞かれちゃったりなんかして、こんな言葉を返します。 「はやく事故の原因を解明してほしいです」 スタジオにカメラが切りかわっ…

科学の出来事観と物質観の変遷③

で、現に、いままでいろんな出来事の原因が特定されてきたことになっているが、それらは、「同じ出来事をどんな場合でも引き起こす一箇所」と言っておかしくないくらい、それが在るといつも同じ出来事が起こってくるものなのだろうか。 医学はガン細胞を、「…

科学の出来事観と物質観の変遷②

さてこれでまず、原因とは何か、が明らかになった。 肺にがん細胞ができるという出来事の原因とは、肺にガン細胞ができるという出来事を、どんな場合でも引き起こす一箇所のことである。うつ病と呼ばれる状態になるという出来事の原因とは、うつ病と呼ばれる…

科学の出来事観と物質観の変遷①

ここ数ヶ月、カワグチ・サチジ・シリーズと題して、二篇*1おとどけ(?)してきた。いずれもクソまずいものだったにちがいないが、それでも、そこで確認したのは非常に大事なことだった。 みなさんが今日のおフロあがりにお召し上がりになろうと、冷蔵庫にと…

疫学という数量化(後半)

*津田敏秀『医学的根拠とは何か』岩波書店 津田さんは日本でこうまでEBMが普及しない理由を本書で二つあげている。そのひとつは直感を重視する医師の理解がえられないこと。もうひとつは、身体内のメカニズムを解明することこそ医学の根拠であると信じるメ…

疫学という数量化(前半)

*津田敏秀『医学的根拠とは何か』岩波書店 疫学を専門とする医師、津田敏秀さんの怒りが本書で炸裂しているのである。いったい津田さんは何について怒っているのか。 医学的根拠とは何か (岩波新書) 作者: 津田敏秀 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2013…