(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「思春期に発症し、典型的な経過がみられたケース」を理解するpart.1(統合失調症理解#16)(2/2)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.33


 まずは引用第1部から。

 十九歳のNさん〔引用者注:同書ではお名前が出ていますが、ここでは以下、伏せさせてもらいます〕精神科の外来を受診した当日に入院となった幻聴のせいで苦しくなりビル屋上から飛び降りようとしたのだった。


 Nさんは元々おとなしく、引っ込み思案な子供だった。子供のころから集団にとけこむことは苦手で、放っておくといつも一人で遊んでいることが多かった。幼稚園のとき、友達とうまくいかずに行きたがらないこともみられた。


 家業は自営業で、経済的には余裕のある家庭だった。Nさんは一人っ子だったので大事に育てられ、幼稚園時代から塾通いをし、都心にある私立の小学校に入学している。受験勉強の他に、ピアノと英語も習っていた。お稽古ごとはすべて母親が送り迎えしていた。


 小学校時代は、大過なく過ごした。本人の話では、目が大きかったので、「デメ」とか「デメキン」と呼ばれていじめられたことがあったという。


 しかし母親の話では、学校の友達が家に遊びに来たり、逆に遊びに行ったりすることはよくみられ、深刻ないじめはなかった。成績は中位で目立つところはなく、サッカー部に入ったものの、運動は苦手だったため楽しめなかった。


 エスカレーター式に中学に進学したが、友達はあまりできなかった。本人は当時を回想し、「一人で孤独だから、死にたいという気持ちになった」というが、学校生活では特別な問題はみられず、成績は比較的上位であった。


 Nさんに精神的な変調がみられたのは、中学三年の二学期以降である。特にきっかけはなく、当時の流行曲である『春よ、来い』が一部だけ繰り返して思い浮かんだ。高校に進学してからは、さらにこの頻度が多くなり、頭の中で同じ曲が繰り返し連続して流れるようになった。


 自分で打ち消しても曲は鳴り止まず、次第に気持ちが不安定となることに加えて、集中力もなくなってくる。この音楽に関する症状は、「音楽幻聴」と呼ばれる幻聴の一種である。一般には、比較的高齢者に起こりやすい。


 本人の話では、この当時他の生徒から、ワイシャツに落書きされたり、ソースをつけられたり、あるいは机の上に置いたプリントをわざと落とされたりするというようないじめに繰り返しあったという。しかし、「いじめ」に関して事実関係は確認できず、現実の出来事ではなく、本人の被害妄想が始まっていた可能性が大きいと思われる。


 辛い気持ちが毎日続いたNさんは、死にたくなった。そのため、飛び降り自殺をしようとビルに上ったり、心臓麻痺になれば死ねると思い、多量の日本酒を飲んで冷たい水に浸かったりした。コードで自分の首を絞めようとしたこともあった。母親からみても元気がなかったが、自殺しようと考えていることまでは気がつかなかった。同じ時期、日中、自室にいるとき、家の中で女性の顔のようなものが見えるという幻視の症状も出現している(岩波明精神疾患角川ソフィア文庫、2018年、pp.123-125、2010年)。

精神疾患 (角川ソフィア文庫)

精神疾患 (角川ソフィア文庫)

 


 冒頭にこう書いてありましたよね。「十九歳のNさんは、精神科の外来を受診した当日に入院となった。幻聴のせいで苦しくなり、ビル屋上から飛び降りようとしたのだった」って。


 それは、(精神)医学がこう診断したということですね? Nさんの身に、幻聴と呼ばれる、「人間の知恵をもってしては永久に解くことのできぬ」現象が起こるようになり、その「不可解な異常現象に苦しめられた結果、Nさんは自殺を図ったんだ、って。


 だけど、Nさんを自殺しようと思うほど苦しめたとされるその現象は、(精神)医学のそうした見立てに反し、ほんとうはまったく不可解なんかではなかったのではないでしょうか。そのことを、これから計6回にわたり、みなさんと共に確認していきます。


 つまり、結論を先どりして言えば、Nさんが自殺するに至った経緯はつぎのような、誰にでも理解可能なものだったのではないかと、みなさんと俺は考えることになる、ということですよ。


 小さい頃から、高偏差値の大学に入り、名だたる企業に入社するという未来を自分でも自分に期待していたNさんは、大学受験の勉強が手につかないのをどうすることもできず、受験に何度も失敗して追い詰められた。で、ついには、「社会に自分の居場所は無い」と感じ、世間の誰にも劣等感を覚えるまでになって、挙げ句、死ぬしか道はないと思い詰めて自殺を図った。


 要するに、自殺する多くのひとたちがおそらくそうであるような、よく理解できる(共感できる)成りゆきで、Nさんは自殺を図るに至ったのではないかと考えることになる、ということですよ。


 さあ、いま、引用第1部を読んで、早速つぎのふたつのことがわかりました。


 Nさんは幼少期より、高偏差値の大学に入るための勉強をしないといけない身であったが、中学3年生頃からどうやら勉強を重荷に感じはじめたらしい、ということがまず一つ。そしてその頃からNさんが、Nさん自身のことをうまく理解できなくなってきたらしい、というのがもう一つです。


 箇条書きにしておきましょうか。

  1. 勉強しないといけない身であるにもかかわらず、中学3年生頃から勉強を重荷に感じるようになってきた。
  2. 自分のことがうまく理解できなくなってきた。


 このふたつを次回、ひとつずつ確認していきます。


1/2に戻る←) (2/2) (→次回短編へつづく

 

 

次回は翌週1月25日(月)21:00頃にお目にかかります。


前回の短編(短編NO.32)はこちら。


Nさんのこの事例は全6回でお送りします。

  • part.1(短編NO.33)


   今回

  • part.2(短編NO.34)

  • part.3(短編NO.35)

  • part.4(短編NO.36)

  • part.5(短編NO.37)

  • part.6(短編NO.38)


このシリーズ(全48短編を予定)の記事一覧はこちら。