(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「体感幻覚」「テレビ・ラジオ幻聴」「高校生幻聴」「車幻聴」を理解するpart.3(統合失調症理解#7)(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.15


◆医学もCさんのように「現実修正解釈」をやってきた

 だって、よく考えてみてくださいよ。Cさんはただ「現実修正解釈」をしているだけということでしたよね。どうですか。みなさんも、世間のひとたちも、ふだん、しきりに「現実修正解釈」をしませんか。


 俺はしますよ。


 学問はどうですか。たとえば、医学もそうした解釈をよくしませんか。ほら、いまさっき確認しましたよね。(精神)医学が、ほんとうは「理解可能」であるCさんたちのことを、不当にも「理解不可能」であるということにして差別するいきさつを? 箇条書きにしてふり返るとこういうことでしたね?

  • ①(精神)医学には、Cさんたちのことを理解するだけの力がない(現実
  • ②にもかかわらず、(精神)医学には、(精神)医学の人間理解力は完璧であるはずだといった自信がある(現実に背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解釈する。「Cさんたちのことが(精神)医学に理解できないのは、Cさんたちが『理解不可能』だからだ」(現実修正解釈


 見ました? (精神)医学だって、こうして「現実修正解釈」を当たりまえのように、これまでずっとしてきたではありませんか。自分をしっかり反省できるひとなら誰しも、「現実修正解釈」をするCさんを見て、共感するはずですよ。「ああ自分もそういう論理操作をしばしばするなあCさんとおなじだな」って。


 前々回から今回にかけ、計3回にわたり、「体感幻覚」「テレビ・ラジオ幻聴」「高校生幻聴」「車幻聴」を訴えるCさんに登場してもらいました。で、(精神)医学に統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきたそのCさんがほんとうは「理解可能」であるということを、7つの場面を挙げ、実地に確認してきました。


次回は約1ヶ月後、6月8日(月)21:00頃にお目にかかります。


ひとつまえの記事(5/6)はこちら。


今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.15)はこちら。


前々回の短編(短編No.14)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。