(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

2020-10-05から1日間の記事一覧

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 ◆(精神)医学も「現実を自分に都合良く解釈する」 でも(精神)医学は、それとは正反対の自信をずっともってきました。(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという自信を、ね? で、その自…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(5/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 ◆全9回をとおして確認できたこと さて、ここまで、統合失調症を「突然発症した」とされる日とその翌日の模様を、小林さん本人が、赤裸裸かつ克明に語ってくれているのを、謹聴してきました。大変勉強…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(4/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 ◆とんねるず木梨がすずめの声で交信しはじめる では、先に進みましょう。小林さんはこのあと、すずめの鳴き声を聞いたと言っていました。その鳴き声を聞いているうち、「だんだんそれが日本語に聞こえ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 でも、ここは、こう解したほうがわかりやすいかもしれませんね。 ◆別の解し方 政府に日中つけ回されたと思い込んでいた小林さんが帰宅後もずっと、ビクビクしているらしいことを、ここまで確認してきて…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(2/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 いまこう推測しましたよ。振り返ってみますね。 朝の4時ころ、新聞配達の物音がした(現実)。しかし小林さんには、こんな時刻にひとが配達に来ているはずはないという「自信」があった。このように「…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(1/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で9回目、最後になります。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる…