(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「頭の中に機械が埋め込まれている」を理解する(統合失調症理解#2)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.9


◆「頭の中に機械が埋め込まれている」

 さて、男子大学生さんは初診時に、「隣から悪口が聞こえてくる」とこのように訴える他、「頭の中に機械が埋め込まれている」とも主張していたとのことでしたよね。就職後すぐ、また幻聴が聞こえるようになって眠れなくなったときも、「頭の中に埋め込まれた機械を取ってほしい」と脳外科を受診したと書いてありましたね。


 今度はこの「頭の中に機械が埋め込まれている」という訴えのほうを見ていきますね。


 さきほど「隣から悪口が聞こえてくる」という訴えを見ましたよね。男子大学生さんは自分の自信に合うよう、現実をこう修正解釈していたのではないかとのことでしたね。声が悪口を言ってきて、ボクを困らせるんだ、って。で、その声の出所を隣家と考えたんじゃないか、って。


 でもひょっとするとその声の一部についてはこう考えたのかもしれませんね頭の中に機械でも埋め込まれていてそこから聞こえてくるのだとしか思えない、って。そうじゃなきゃ説明がつかない、って。


 実際、精神科医は、先の男性患者さんやこの男子大学生さんが聞こえてくると訴えるこうした声を幻聴と呼んで、こんなふうに説明します。

 妄想気分とともに〔引用者補足:統合失調症に〕出現しやすいのは幻聴である。幻聴は「声」「テレパシー」「耳鳴り」と表現されることもある。「耳がうるさい」「周囲が騒々しい」「頭に機械を埋め込まれているといった言い方をすることもある岡田尊司統合失調症PHP新書、2010年、p.92。ただしゴシック化は引用者による)。

統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)

統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)

 


 けど、男子大学生さんのこの「頭の中に機械が埋め込まれている」という訴えは、可能性は低いかもしれませんけど、むしろ、つぎのようなことだったのかもしれないといった気が、俺にはしないでもありません。


 男子大学生さんは、何かが気になるあまりそのことについて考えるのを止められなくなっていたということなのかもしれない、って。


 気になっていたのは勉強や仕事のことかもしれませんし、あるいは何か他の心配ごとなのかもしれませんけど、ともあれ、慣れない環境や重圧のかかる状況などにいるときなどは特に、そんなふうに何かがしきりと気になって、そのことについて考えるのを止められなくなってしまうようなことって、誰しもありますよね?


 たとえば、車を買ったばかりのときなど、愛車に早速ついた傷のことが気になって、そのことについて考えるのを止められなくなってしまうようなこと、みなさん、ありません? もしくは、あるひとのことが気になるあまり、ずっとそのひとのことを考えてしまって他のことが手に着かなくなるようなこと、ありませんか。


 ひとつの心配ごとについて、何度もおなじことを考えてしまうようなこととか、みなさん、ありません?


 男子大学生さんもひょっとすると、学生時代や就職活動中または就職直後、そんなふうに、自分の思考がコントロールできなくなったのかもしれませんね?


 だけど男子大学生さんには自信があった。自分は自分のことをコントロールできるはずだといった自信が。なのに、勉強や仕事のこと、もしくは他の気がかりな何かについて、つい考え詰めてしまって、どうしても考え止めることができない。


 男子大学生さんは首をひねる。


 自分は自分のことをコントロールできるはずなのにおかしいなあ。こんなことは起こり得るはずがないんだがなあ……あ、でも、ちょっと待てよ、さては、頭の中に機械が埋め込まれているな? そうかなるほど解けたぞ! それで自分のことがコントロールできなくなっているのか!


「先生、手術で、頭のなかに埋め込まれた機械を取ってくださいよ!」


 いまこういう場面を想像しましたね。男子大学生さんは、自分のことをコントロールできなくなるという「現実」に直面していた。だけどその反面、男子大学生さんには、自分は自分のことをコントロールできるはずだという「自信」があった。そのように、男子大学生さんの直面している「現実、男子大学生さんのもっている「自信とは背反していた。俺には、そんなふうに「現実」と「自信」とが背反しているとき、ひとにとることのできる手はつぎのふたつのうちのいずれかであるように思われます。

  • A.現実に合うよう、自信のほうを修正する。
  • B.自信に合うよう現実のほうを修正する


 で、そのとき、男子大学生さんは後者Bの「自信に合うよう、現実を修正解釈する」手をとった。自分は自分のことをコントロールできるはずだという「自信」に合うよう、「現実」をこう修正解釈した。


 頭の中に機械が埋め込まれているんだ。そうでもなければ、自分が自分のことをこんふうにコントロールできなくなるはずはないんだ、って。


 以上についても箇条書きにしておきましょう。

  • ①自分の思考をコントロールできない(現実
  • ②自分の思考を自分がコントロールできないはずはないといった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「頭の中に埋め込まれた機械のせいだ」(現実修正解釈


ひとつまえの記事(3/5)はこちら。


前回の短編(短編NO.8)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。