(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

2020-08-31から1日間の記事一覧

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(5/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆ここまでを簡単に振り返る この要領で引用のつづきをどんどん見ていきますよ。 いや、そのまえにこの辺りで一度、これまでをすこしふり返っておきましょうか。 みなさん、ここまで、どうでした? (精…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(4/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆目に涙をいっぱいためてこちらを見ている女性 さて、つぎの場面に進むまえに、ここで、その3人組のなかの女子学生にちょっと話を戻してみましょうか。小林さんが3人に喋りかけているあいだ、「女の…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(3/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 でも、なぜこの場面でいきなり、「田中角栄と竹下登の分身」といった発想が小林さんのもとに浮かんできたのでしょうね? みなさん、ここでちょっと思い出してみてくれませんか。その前日、小林さんは、…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(2/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 ◆大学生3人組と会話する 立てつづけに可愛い女性に出会ったことや、やけに車が接近してきたことに「不自然さ」を覚えつつ、光が丘公園にやって来た小林さんは、そこで用を済ませたあと、その日の最終…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.4(統合失調症理解#14)(1/5)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.24 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で4回目です(全9回)。 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…