(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学の言うことがみんな嘘になる理由、「健康・病気・治る」編(2/2)

*医学の言うことはみんな嘘第1回

1/2からのつづき

 びっくりしました? 


 みなさんにとって、治るとは、苦しまないで居てられるようになること、ですよね。仮にですけど、みなさんが病院に行って視野狭窄を訴えたとしましょうよ。で、勧められた手術を受けた。すると、たしかに視野狭窄は解消したが、頭痛にずっと悩まされることになったとしたら、どうですか。


 視野狭窄が「治った」という言いかたは、抵抗があってなかなかできない、ということになるのではありませんか。


 視野狭窄で苦しむことは無くなったけれど、頭痛という別の「苦しみ」をあらたにこうむることになったとなると、手術によって「苦しさ」を別のものにとり替えた、みたいなことになりますね? で、もし、その頭痛の「苦しさ」のほうが、視野狭窄の「苦しさ」より酷かったら、どうなります(「酷い」という判定は、苦しさの強さ、苦しむ期間と頻度等を総合判断してのものと考えてくださいね)? 手術によって「苦しさ」をより酷いものと交換したということになりません? ますます、 視野狭窄が「治った」という言いかたはしづらくなりませんか。


 視野狭窄が「治った」と違和感なく言えるのは、やっぱり、「苦しまないで居てられるようになった」ときなのではないでしょうか。


 いま、みなさんは、治る、を「苦しまないで居てられるようになること」ととると言いましたね。そんなみなさんがふだん、健康であるとか病気であるとかとしきりに言うことで争点にするのは、苦しまないで居られているか、苦しんでいるか(快いか、苦しいか)、ですよね?


 けど、医学が、やれ健康だ、やれ病気だ、とさかんに言って争点にしてきたのは、正常であるか、異常であるか、でしたね。医学は健康を正常であること病気を異常であることと定義づけてやってきました。そんな医学にはあくまでも、治るとは、異常なものが正常になること、と考えられてきました。

正常と病理〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)

正常と病理〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)

 


 みなさんは病院の診察室で、目が見えにくいとか、息がしにくいとか、気分が鬱々とするとかと言って、「苦しさを訴えるじゃないですか。で、そのとき、目が見えるようになりたいとか、息がしやすくなりたいとか、気分が晴れるようになってほしいとかと言って、「苦しまないで居てられるようになることを要望するじゃないですか。でも、健康を正常であること、病気を異常であることと定義づけてやってきた医学にはずっと、そうしたみなさんの「訴え」や「要望」は素直には通じてきませんでした。


 医学はそうしたみなさんの「訴え」を勝手に、視野、呼吸、精神それぞれの「異常を訴えるものととってきました。またみなさんの「要望」については、視野、呼吸、精神それぞれが「正常になるのを要望するものとひとり決めしてきました。


 みなさん不安に思いません? そんなふうにみなさんの切実な「訴え」と「要望」を歪めて解釈するもの(医学のことですよ)の言っていることは、おのずとみんな嘘になってしまうのではないか、って。


 健康とは何か、病気とは何かといった根本的なところをとり違えているものが、果してどれだけまともなことを言えるのだろう、って?


 先に挙げた番号1(医学は健康と病気の定義に失敗している)についていま簡単に見終わりました。この件については、さっきも言いましたように、次々作である短編集でねちっこく見ていくつもりです。統合失調症と診断されたひとたちの症例と呼ばれるものをできるだけ挙げ、詳しく検証していく予定です。


(短編集「統合失調症と精神医学と差別」予告編)


今回は記事をふたつに分けてお送りしました。

  • ひとつまえの記事(1/2)はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。