(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

理解不可能(了解不能)な人間がこの世に存在しないことを確認する(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.6


◆結論(理解不可能な人間はこの世に存在し得ない)

(精神)医学は、健康を正常であること、病気を異常であることと定義づけてやってきたということでしたよね。そうしてひとを、正常なものと、異常なものとに二分してきたんだ、って。


 でも、以前にこういうことを確認したの、みなさん、覚えてません?


 実は、異常なひとはこの世にただのひとりも存在し得ないんだ、って言うなれば、ひとはみな正常なんだ、って。


(参考:そのことを確認したのは「短編NO.2」ででしたよ。)


 以前に確認したそのことに、いまさっき得た結論1と2を考え合わせてみてくださいよ。するとどうなります?


異常なひとはこの世にただのひとりも存在し得ない」というのは、「理解不可能なひとはこの世にただのひとりも存在し得ない」ということになりませんか。


 かたや、「ひとはみな正常である」というのは、「ひとはみな理解可能である」ということになりませんか。


 いま最後にわかったことを復唱しますね。

  • 「理解不可能」なひとはこの世にただのひとりも存在し得ない。
  • ひとはみな「理解可能」である。


 今回は、「理解不可能」なひとはこの世にただのひとりも存在し得ないということを確認しました。ひとはみな「理解可能」であるということでしたね。


 にもかかわらず、(精神)医学が一部のひとたちを不当にも、「理解不可能であるということにして差別してきたということも、今回、同時に明らかになりましたね。


3/4に戻る←) (4/4) (→次回短編はこちら

 

 

今回の最初の記事(1/4)はこちら。


今回確認しましたことを後日、今回のとは異なる仕方(イメージに着目する仕方)で確認する予定にしています。

  後日、ここにURLを貼りますね。


前回の短編(短編NO.5)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。