(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

「科学」には身体が機械にしか見えない(4/5)

*「科学」を定義する第5回

3/5からのつづき

◇「身体のすり替え」を左手を例に

 科学は「存在のすり替え」と「関係のすり替え」とによって、みなさんが体験しているもの一切をみなさんの心のなかにある像にすぎないことにし(前記Ⅰ)、この世にほんとうに実在しているのは元素(見ることも触れるもできず、音もしなければ匂いも味もしない)だけとするとのことでしたよね(前記Ⅱ)。で、みなさんが体験しているもの一切をみなさんの心のなかにある、「元素についての情報」であることにするとのことでしたね(前記Ⅲ)。


 先に挙げた箇条書きを再掲しておきますね。

  • .みなさんが体験しているもの一切を、みなさんの心のなかにある像にすぎないことにする。
  • .みなさんの心の外に実在しているのは、元素だけであることにする。
  • .みなさんが体験しているもの一切を、みなさんの心のなかにある、「元素についての情報」であることにする。


 科学は身体もおなじように解します


 みなさん、自分の左手を、自分の目のまえにかかげているものと引きつづき想定していてくださいよ。身体とは、おなじ場所を占めている「身体の感覚」と「身体の物」とを合わせたもののことであるとついさっき言いましたね。それに倣えば、左手は、おなじ場所を占めている「左手の感覚」と「左手の物」とを合わせたもののことであると言えますね?


 まずそのふたつについて考えてみましょうか。


 みなさんが現に見ている(ことになっている)左手の姿は、正確には、「左手の物の姿と言えますね。それはみなさんの眼前数十センチメートルのところにいまありますよね。


 いっぽうそこには、みなさんの「左手の感覚」もありますね。


 みなさんが現に見ている「左手の物」の姿も、「左手の感覚」も、共に、みなさんの眼前数十センチメートルのところにあるということですよね。


 けど科学は「存在のすり替え」と「関係のすり替え」とによって、みなさんが体験しているもの一切を、みなさんの心のなかにある像にすぎないことにするとのことでした(前記Ⅰ)。科学は、みなさんが現に見ている「左手の物」の姿を、みなさんの眼前数十センチメートルのところにあるものでなく、みなさんの心のなかにある映像にすぎないことにします。またみなさんの「左手の感覚」についても、みなさんの眼前数十センチメートルのところにあるものでなく、みなさんの心のなかにある像にすぎないことにします。


 科学にとって、心の外にほんとうに実在しているのは、元素だけと考えられるとのことでしたよね(前記Ⅱ)。科学は、みなさんの眼前数十センチメートルのところに実在しているホンモノの左手は、元素がよせ集まったにすぎないものであると考えます。


 科学が左手と考えるその、元素のよせ集まったにすぎないものを、左手機械と以後呼ぶことにしますね。


 まとめるとこうなります。

  • .みなさんが現に見ている「左手の物」の姿と、「左手の感覚」とを、みなさんの心のなかにある像にすぎないことにする。
  • .みなさんの眼前数十センチメートルのところに実在している左手は、元素のよせ集まったにすぎないもの(「左手機械」)であるということにする。


 で、科学は、みなさんが現に見ている「左手の物」の姿と、「左手の感覚」とを共に、みなさんの心のなかにある(前記ⅰ)、「左手機械についての情報」であることにします。

  • .みなさんが現に見ている「左手の物」の姿と、「左手の感覚」とを、みなさんの心のなかにある、「左手機械についての情報」であることにする。


今回は記事を5つに分けてお送りしています。

  • ひとつまえの記事(3/5)はこちら。


前回(第4回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。