(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学のものの見方が雑すぎることを、HPVワクチンを例に確認する〈3/8〉

*医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第11回

2/8からのつづき

◇医学のHPVワクチン観(概略)

 医学の出来事観と物質観とにもとづいて医学はこう考えるんじゃないですか、ね?


 HPVワクチンを接種すると、当然、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(以後、段階①とよぶことにしますね)。そのように、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば、当然、HPVは身体のなかから退治される(段階②とよびますね)。で、そうして、HPVが身体のなかから退治されれば、当然、子宮頸がんにならなくなる(段階③とよんでいきますね)って。

箇条書きにすると

  • 段階①:HPVワクチンを接種すると、当然、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される。
  • 段階②:HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば、当然、HPVは身体のなかから退治される。
  • 段階③:HPVが身体のなかから退治されれば、当然、子宮頸がんにならなくなる。


 段階①②③から成るこうした、HPVワクチンについての医学の見方を以後、医学のHPVワクチン観とよぶことにしますね。このHPVワクチン観は、図にするとこうなりません?

●HPVワクチン接種(A)

↓・・・段階①

●HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(B)

↓・・・段階②

●HPVが身体のなかから退治される(C)

↓・・・段階③

●子宮頸がんにならなくなる(D)


 ほら、HPVワクチンを接種すれば子宮頸がんにならなくなる()ってことはすでにもう証明済みなんだと言って、医学は当初からよくグラフをもち出してきたじゃないですか。そのグラフって、「HPVワクチンを接種したひとたち」と「HPVワクチンを接種しなかったひとたち」それぞれの身体のなかに認められる、HPVにたいする抗体の量を比較したものでしたよ、ね? 前者「HPVを接種したひとたち」のほうが、身体のなかに認められるそうした抗体の量が多いってことを表したグラフでした、ね? 医学はそのグラフを差し出してこう言ってきたじゃないですか。


 このグラフから、HPVワクチンを接種すると、当然、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される)ということが示された。よって、HPVワクチンを接種すると、子宮頸がんにならなくなる()のは明らかである、って。


 そんなことが言えるっていうのはまさに、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば当然、HPVは身体のなかから退治され()、そうしてHPVが身体のなかから退治されれば、当然、ひとは子宮頸がんにならなくなる()んだって医学が見てる証拠なんじゃないですか、ね?


 で、医学のこのHPVワクチン観、じっくりと見てみてくださいよ。箇条書きでまとめたものより、図のほうを見てもらったほうがわかりやすいかな? (A)から(B)、(B)から(C)、(C)から(D)へとそれぞれ事が進まない可能性(都合の良いことが起こらない可能性)や、(A)(B)(C)それぞれから、都合の悪いほうに事が進んでいく可能性(都合の悪い出来事が身体に起こる可能性)を、ほんとうなら想定していなければならないのに、全然想定していないじゃないですか。


 それって、どういうことですかね?


 
HPVワクチンを接種(A)しても、子宮頸がんにならなくなるっていう都合の良いことが起こってこない可能性や、HPVを接種した結果、都合の悪い出来事が身体に起こってくるっていう可能性を、事のはじめから見落としてるってことなんじゃないですか、ね? つまりHPVワクチンを夢のワクチンにちがいないっていきなり決めつけてるってことなんじゃないですか、ね?


 いま、ウサイン・ボルトさんばりの駆け足で概略をざっと見ましたよ。えっ、説明が大雑把すぎて何ひとつ見えなかった? いや、安心してください。いずれにせよ、いま挙げた段階①②③をひとずつ、後ろから順に、これからゆっくりと見ていくつもりにしてましたよ。


今回は記事を〈1/8〉〜〈8/8〉の8つに分けてお送りしています。

  • ひとつまえの記事(2/8)はこちら。


前回(第10回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。