(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学のものの見方が雑すぎることを、HPVワクチンを例に確認する〈4/8〉

*医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第11回

3/8からのつづき

◆医学は子宮頸がんをHPV一点のせいにする(段階③)

 まず段階③から見てみますね。


 医学のHPVワクチン観とよんで俺が先に示したのはこういうものだったじゃないですか。

箇条書きにすると

  • 段階①:HPVワクチンを接種すると、当然、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される。
  • 段階②:HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば、当然、HPVは身体のなかから退治される。
  • 段階③HPVが身体のなかから退治されれば当然子宮頸がんにならなくなる


 それを図示するとこうなりましたね。

●HPVワクチン接種(A)

↓・・・段階①

●HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(B)

↓・・・段階②

HPVが身体のなかから退治される(C)

↓・・・段階③

子宮頸がんにならなくなる(D)


 これから見ていく段階③は図では(C)→(D)に当たりますよ。


 さて、段階③となづけたものの見方はどのようにして生まれ来たったのか


 医学は身体に起こる出来事を一点のせいにし、その一点をとり除きさえすればいいとするんだってずっと言ってきたじゃないですか。そんな排外主義的論理をとるんだ、って。


 医学は子宮頸がんについてもそうした出来事観をとります。子宮頸部にガンができるという出来事をHPV(Human papillomavirus, ヒト・パピローマウィルス)一点のせいにし、HPVを子宮頸がんを起こす原因(状況に関係なく子宮頸がんを起こすもの)であることにします。そうして、HPVを身体のなかから退治すれば、当然、子宮頸がんにならなくなる(段階③:C→D)っていうことにします。


 で、その一点を身体のなかからとり除きさえすればいいHPVを身体のなかから退治しさえすればいい)とします。そうすることによって、HPVを身体のなかから退治した結果、都合の悪い出来事が身体に起こってくるっていう可能性(Cから事が悪いほうに進む可能性を含む)を一切考える必要が無いことにします


 でもですよ、HPVを身体のなかから退治すれば、たしかに子宮頸がんにならなくなるっていう都合の良いことが起きるのだ(C→D)と仮にしても、HPVを身体からとり除いた結果、都合の悪い出来事が身体に起こってくるっていう可能性はやはり考えられるじゃないですか


 たとえば、蚊に刺されることを無くすために、蚊をこの世から抹殺しようと考えるとしますよ。蚊をこの世から抹殺できれば、たしかに蚊に刺されるということは無くなります、ね? でも、蚊を抹殺した結果、起こるのはそんな、蚊に刺されなくなるっていう都合の良いことだけですかね? ひょっとすると、生態系が崩れて(食物連鎖を小学校の理科で習いましたね?)人間にとっての害虫が増え、農作物に被害が出るといったような都合の悪い出来事も結果起こってくるかもしれないって、誰しも心配になるじゃないですか、ね? その心配はたしかに杞憂に終わるかもしれませんよ。杞憂に終わるかもしれませんけど、でも、蚊を抹殺した結果、都合の悪い出来事も起こってくるのか、それとも起こってこないのかは、実際に蚊を抹殺してみないことにはわからないじゃないですか、ね?


 それとおなじで、HPVを身体のなかからとり除いた結果、身体に起こるのは、子宮頸がんにならなくなる(蚊に刺されなくなることに相当)っていう都合の良いことだけなのかなって、最初に誰しも不安に思うじゃないですか。結果何か都合の悪い出来事が身体に起こってきても不思議はないんじゃないのかな、って?


 実際に前例ありますし、ね?


(どんな結果が夜空のムコウに待っているんでしょうね?)


今回は記事を〈1/8〉〜〈8/8〉の8つに分けてお送りしています。

  • ひとつまえの記事(3/8)はこちら。


前回(第10回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。