(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

ひとのことを、やれ正常だ、やれ異常だ、とさんざ言ってきたけど、はて、そもそも、正常、異常ってどういう意味なんだっけ?

f:id:smallBacchus:20210222192000p:plain

 医学なるものに触れ、一番最初にひとが疑問に思うのは、「正常異常という言葉の意味は果して何なのだろう」ということではないでしょうか。


 だって、医学は、健康を正常であること病気を異常であることと独自に定義づけてやってきたじゃないですか。


〈参考:その独自の定義についてはこちらで書きました。〉


 だけど、正常、異常という、そんな大事な基礎的な言葉の意味を、みなさん、教わったことありますか。


 俺はありませんよ?


 たとえば、正常、異常ということについてひとが、こんなことを言うのは、よく耳にしますよ。


 正常と異常のあいだの線引きはむつかしい。どこからが正常で、どこからが異常なのかは正直よくわからない、って。


 要するに、こんな感じの言説です。

精神病者と精神的に健康な者の違いは、種類ではなく程度の問題である。正気と狂気の境目はあやふやである。大半の人はたまに軽い精神異常を起こすことがあるし、精神障害者も時には非常に「正常」である。精神分裂病者とうつ病者は社会でも有数の創造力と生産性を持つ可能性がある。精神病で今、能力を奪われている人が明日は回復し、十分な生産性を得て正常な暮らしを送ることも可能である。診断はあくまで主観的なものである。(ヒューG.ギャラファー『【新装版】ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』長瀬修訳、現代書館、2017年、p.67、1995年)。


 でも、正常、異常という区分けに厳しい検証の視線を注いでいるそうした言説に出くわしても、その言説の前にも後にも、正常、異常という言葉の意味を明らかにしようとしている部分を見つけることは、いまのいままで、できた試しが俺には一度もありません*1


 いやあ、これは一体どういうことなのでしょうね? もしかして、もしかすると、これはこういうことなのでしょうか。


 世の中のひとはみな、正常、異常という言葉の意味を実はよく知っている。ただ、その意味があまりにも当たり前すぎるあまり、わざわざ口にしないだけだ(えっ、そうだったの?)。


 あるいは、反対にこういうことである可能性はあるでしょうか。


 すなわち、みんな、正常、異常という言葉の意味をほんとうはよくわかっていないが、何となく勘で、ひとのことを正常と言ったり、異常と決めつけたりしてきたんだ(あちゃあ、なんという不誠実......)。


 真相はそのうちのどちらだと、みなさん、思います? それとも、真相はこれらふたつとはまったく別の何かだと考えますか?


 ともあれ、そんな、誰もが口をつぐんでなぜか語ろうとしない、正常異常という言葉の意味について先日下の記事で俺なりに考えてみました。正常、異常という言葉の意味はそも、何なのでしょうね。


 ちなみに、上記の記事より込み入った仕方で、正常、異常という言葉の意味について以前に考察した記事はこちらです。

(了)

 

 

*1:たとえば、下の記事も、正常、異常という区分けにたいし、非常に厳しい検証の視線を注いでいて、「あ、今度こそは」と、読んでいて、期待で胸が躍りましたが、残念なことに、刺激的なその文章内でも、正常、異常という言葉の意味を明らかにしようとしている部分に出くわすことはできませんでした(悪口を言っているのではありませんよ)。