(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

〝統合失調症〟に見られた2つのパターン(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.32


 とはいうものの、結局はこの型も、さっき見た「現実修正解釈」型であると言ってしまったほうが、もしかすると、いいのかもしれないと考えないでもありません。


 だって、箇条書きにするとこう言い直せません?

  • ①牛の怪物が見えたと錯覚する(現実)。
  • ②自分が錯覚しているはずはないという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「ほんとうに牛の怪物を見たんだ」(現実修正解釈


 以上、今回はこういうことでした。


 昨年2020年の2月頃から、統合失調症と診断されたひとたちの、いわゆる症例なるものをいろいろと見させてもらいながら、そのひとたちが医学の見立てに反し、ほんとうは「理解不可能」なんかでは決してないことを「実地」に確認してきました。今回は、そうして実地に見させてもらってきた、いわゆる症例なるものを2種類に分け、それぞれを、「現実修正解釈」型、「勝手にひとつに決めつける」型と名づけたあと、一例ずつ用いながら、簡単に確認したという次第です。


5/6に戻る←) (6/6) (→次回短編はこちら

 

 

次回は1月18日(月)21:00頃にお目にかかります。


今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の記事(短編No.31)はこちら。


このシリーズ(全49回を予定)の記事一覧はこちら。