(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

精神医学の「統合失調症のひとには病識がない」という言い草に、温厚なみなさんですら激怒する理由(3/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.31


◆おのれの人間理解力が未熟であることの自覚がない
 そうした差別的扱いを受けてきた例として誰にもまず、ぱっと思い浮かぶのは、統合失調症と診断されてきたひとたちではないでしょうか。そのひとたちはつぎのように、やれ「人間の知恵をもってしては永久に解くことのできぬ謎」だ、「了解不能」だと言われ、ずっと「理解不可能」な者扱いされてきましたよね。

かつてクルト・コレは、精神分裂病〔引用者注:当時、統合失調症はそう呼ばれていました〕「デルフォイの神託」にたとえた。私にとっても、分裂病人間の知恵をもってしては永久に説くことのできぬ謎であるような気がする。(略)私たちが生を生として肯定する立場を捨てることができない以上、私たちは分裂病という事態を「異常」で悲しむべきこととみなす「正常人」の立場をも捨てられないのではないだろうか(木村敏『異常の構造』講談社現代新書、1973年、p.182、ただしゴシック化は引用者による)。

異常の構造 (講談社現代新書)

異常の構造 (講談社現代新書)

  • 作者:木村 敏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1973/09/20
  • メディア: 新書
 

 

 専門家であっても、彼らの体験を共有することは、しばしば困難である。ただ「了解不能」で済ませてしまうこともある。いや、「了解不能であることがこの病気の特質だとされてきたのである。何という悲劇だろう(岡田尊司統合失調症、その新たなる真実』PHP新書、2010年、pp.29-30、ただしゴシック化は引用者による)。

統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)

統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)

 


 ですけど、ついいまさっき確認しましたように、そのひとたちはほんとうは「理解可能」です。そのことは、事例を挙げて実地に確認することもできます(現にそれを長々とやってきています)。(精神)医学がそのひとたちのことを理解できないのは単に、(精神)医学の人間理解力が未熟であるということを意味するにすぎません。


(参考:事例を挙げて実地に確認している記事はこちら。)


 ところが(精神)医学には、おのれの人間理解力が未熟であるという自覚はまったくない。むしろ、(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという自信すら、揺るぎなく、ある。そしてその自信に合うよう、(精神)医学は、現実をこう解してきました。


 そのひとたちは、完全無欠な人間理解力をもった(精神)医学にすら理解できないということから、「理解不可能」であると考えられる、って。


 いま言ったことを箇条書きにしてまとめるとこうなります。

  • ①人間理解力が未熟な(精神)医学には、「理解可能」なそのひとたちのことが理解できない(現実)。
  • ②(精神)医学には、(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解釈する。「そのひとたちは、完全無欠な人間理解力をもった(精神)医学にすら理解できないということから、『理解不可能』であると考えられる」(現実修正解釈


2/4に戻る←) (3/4) (→4/4へ進む

 

 

今回の最初の記事(1/4)まで戻る。


前回の短編(短編NO.30)はこちら。


このシリーズ(全48短編を予定)の記事一覧はこちら。