(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.7(統合失調症理解#14)(2/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.27


◆同時に他の可能性にも思いをはせる

 だけど、どうですか。いま引き合いに出した、ちょっとした物音にもビクっと反応し、「殺し屋が来た!」と身構えたガンマンは、急いでホルダーから拳銃をとり出したあと、隠れている樽の陰で、どうしますか?


 そのとっさの「殺し屋が来た!」とする判断は実は誤りだったのではないかと疑ってもみるのではありませんか。要するに、さっきの物音は単に風で小屋が揺れて立ったものにすぎないのではないかと、他の可能性にも思いを巡らせてみるのではありませんか。


 そうして、殺し屋が来たという可能性と、来ていないという可能性の両方を同時に感じながら、息を詰めるのではありませんか。


 でも、ブラウン管まえにいた小林さんには他の可能性(宮沢氏が喜んでいるのが小林さん以外のことである可能性)などあるはずがないと思われていました


 小林さんはこう書いていましたよね。宮沢氏は「こんなに嬉しいことはありません」とニコニコ顔で言っていたが、自分には「当時そんなに明るいニュースが〔引用者補足:他に〕あったとは思え」なかった、って。つまり、小林さんの「予想」からすると、宮沢氏がそのとき小林さん以外のことで喜んでいるはずはなかったわけですね?


 いや、いっそ、そのことを、語弊があるかもしれませんけど、こう言い換えてみることにしましょうか。そのとき小林さんには自信があったんだ、って。宮沢氏がボク以外のことで喜んでいるはずはないという自信が、って。


 いまこう推測しましたよ。振り返ってみますね。


 宮沢氏がテレビで「こんなに嬉しいことはない」と言っているのを聞いて、とっさに、ボクのことを言っている(ボクのことを喜んでいる)と閃いた。


 そしてそのとき、宮沢氏がボク以外のことで喜んでいるはずはないという根拠のない自信があった、って。


 なら、そんな小林さんが最終的にどういう判断を下すことになったかは、もう明白ですね。


 小林さんは、宮沢氏が喜んでいるのはボクについてのことだと決めつけることになったわけですね?


 いまの推測を箇条書きにしてまとめてみますよ。

  • ①いまにもテレビで自分のことが報じられるのではないかとビクビクしていた。そんなところで、自民党の大物政治家である宮沢氏が「ニコニコ顔でインタビューに応じて『こんなに嬉しいことはありません』と言ってい」るのを聞き、とっさに、ボクのことを喜んでいると閃いた(とっさに一可能性を思いつく)。
  • ②宮沢氏がボク以外のことで喜んでいるはずはないという根拠のない自信がある(他の可能性を不当排除する)。
  • ③当初の閃きにしたがって、「宮沢氏はボクのことを喜んでいる」と決めつける(勝手に一つに決めつける/現実を自分に都合良く解釈する)


1/6に戻る←) (2/6) (→3/6へ進む

 

 

2020年9月22日に文章を一部修正しました。


前回の短編(短編NO.26)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。