(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「カガヤ臭いという声が聞こえてくる(幻聴)」「殺し屋に狙われているという幻覚(幽霊論)」を理解するpart.2(統合失調症理解#12,13)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.20


◆錯覚しているはずはないといった自信

 だけど、霊感があると主張するひと(幽霊を見ることがあると主張するひと)にあるのとおなじように、このとき、ハウス加賀谷さんには自信があったのではないでしょうか。自分が錯覚しているはずはないという自信が。


 部屋にひとりでいるとき、もしくは夜浴室で頭を洗っているときに、いまにも幽霊が出て来るのではないかと心配になったと仮定しますよ。すると不意に何者かの気配が背後にありありとし出し、振り返ってみると、何者かのさっと動く影が見えた気がして、とっさに襲いかかられそうと感じたとしますね。でも、それは錯覚にすぎませんね? 何か別のものをそう見誤ったとか、勝手にそんな影を自分で思い描いてしまったとかしただけですね?


 なのに、そのとき、錯覚しているはずはないという自信があると、どうなります? ほんとうに何者かがあらわれそれに襲われそうになった、ということになりませんか。


幽霊が出た!」ということになりませんか。


 それとおなじように、ハウス加賀谷さんにもそのとき、錯覚しているはずはないという自信があったのではないでしょうか。で、そんな自信があったハウス加賀谷さんには、ほんとうに黒い服と黒いゴーグルの男が向かいのビル屋上からライフルを構えハウス加賀谷さんの命を狙っているのだと思われた、ということなのではないでしょうか。


 さて、先の引用文には、そのように身の危険を感じたハウス加賀谷さんはとっさに床に突っ伏した、と書いてありましたよね。そのいっぽうで、ビル屋上から殺し屋に命を狙われているというのは何かの間違いではないかといった思いも、ハウス加賀谷さんにはあったとのことでしたね。


「こんなの嘘だ。黒い服を着た男なんか、殺し屋なんかいるはずがない」、って。


 そこでハウス加賀谷さんは立ち上がり、もう一度窓の外を覗いて確かめてみた。けれどもそのときハウス加賀谷さんが目にすることになったのは、黒い服の男が「ライフルの銃口を向け、獲物に隙ができるのを待ってい」る姿だった、とのことでしたね。


 依然ビクビクと怯えていたハウス加賀谷さんには、黒い服と黒いゴーグルの男がまたそこに見えた気がしたのかもしれませんね。で、錯覚しているはずはないという自信が相変わらずあったハウス加賀谷さんには、黒い服と黒いゴーグルの男が、ビル屋上から命を狙ってきているのは間違いがないと確信された、ということなのかもしれませんね。


 以後、「スナイパーは幾度となく現れた」。「向かいのビルの屋上から、窓下の駐車場に停車している軽トラックの荷台から、電柱の陰から、昼も夜も加賀谷を狙っ」てきとのことでしたね。


 夜中ゴキブリの存在に怯えて部屋のなかをビクビクと見回しているみなさんが、どこに目をやってもゴキブリの通り過ぎた影が見えた気になるのとおなじように、ハウス加賀谷さんには、窓の下にとめてある軽トラックの荷台のうえに目をやっても、また、電柱の陰に視線を向けても、そこにその男が見える気がしたのかもしれませんね。


 もちろんそれも錯覚にすぎなかった。しかし、錯覚しているはずはないという自信がやはりあったハウス加賀谷さんには、ほんとうに、黒い服と黒いゴーグルの男が、軽トラックの荷台のうえや、電柱の陰からも、昼夜狙ってきているのだと思われた、ということなのかもしれませんね。


ひとつまえの記事(2/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.19)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。