(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「カガヤ臭いという声が聞こえてくる(幻聴)」「殺し屋に狙われているという幻覚(幽霊論)」を理解するpart.1(統合失調症理解#12)(6/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.19


 いまこう言いましたよ。


 実のところ、現実は予想どおりにはなっていなかった。だけど、そのとき加賀谷少年には、「現実は予想どおりになっているはずだ」という自信があった。そこで少年は、現実を、予想どおりになっていることにするために修正した、って。


 箇条書きにしてまとめるとこうなります。

  • ①現実は予想どおりにはなっていない(現実)。
  • ②「現実は予想どおりになっているはずだ」という自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③現実を、予想どおりになっていることにするために修正する(現実修正解釈


 で、これを一文につづめれば、こうなりますね?


 自分の「予想」と「現実」とが背反するに至ったときに、後者の「現実」のほうを、前者の「予想」に合うよう修正したんだ、って。


 さあ、はじめに、加賀谷少年のこの幻聴体験について、少年は現実修正解釈をしていたのではないかと指摘しましたよね。「現実」と「自信」とが背反するに至った。そこで、前者の「現実」のほうを、後者の「自信に合うよう修正したのではないか、って。その後、ちょうどいまのことですが、その操作は実は、「現実」を「予想に合うよう修正する操作とも言えるんだって、確認しました。「予想」と「現実」とが背反するに至ったとき、そのふたつのうちのいっぽうである「現実」を、もういっぽうの「予想」に合うよう、修正する手とも言えるんだ、って。最初の説明で挙げた「自信」は「予想」と同義なんだ、って。


2020年9月30日に、主旨は依然のままに保ちながら、表現を大幅に変更しました。


ひとつまえの記事(5/7)はこちら。


前回の短編(短編NO.18)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。