(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「カガヤ臭いという声が聞こえてくる(幻聴)」「殺し屋に狙われているという幻覚(幽霊論)」を理解するpart.1(統合失調症理解#12)(5/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.19


 さっきの引用文の中身、ようく思い出してみてくださいよ。


 中学2年生の夏、授業中に先生が、加賀谷少年のうしろに座っている女子生徒を注意したのが事のはじまりでしたよね。即座に加賀谷少年はうしろをふり返った。すると、その女子生徒が下じきで仏頂面を扇いでいるのが目に入った、ということでしたね。で、その瞬間、少年はこう思い込んだとのことでしたよね。


「僕が臭いから、○○子さんは下敷きで扇ぎ、においを飛ばしているんだ。僕のにおいで嫌な思いをしているんだ」って。


 そんなふうに自分のことを思い込むと、当然、他の生徒たちにもおなじように臭い匂いで嫌な思いをさせているのではないかと心配することになりますね?


 実にこのとき加賀谷少年は、他の級友たちにも臭い匂いで嫌な思いをさせ、恨まれているのではないかとひどく心配になったのではないか、ということでしたね。


 ところが、自分がそこでそんな心配をするなんて、加賀谷少年にはまったく予想外のことだった。


 とっさに自分のことを臭いと思い込んだ加賀谷少年は、他の級友たちにも臭い匂いで嫌な思いをさせ、恨まれているのではないかとひどく心配になった(現実)。ところが加賀谷少年の「予想」では、自分がそこでそんな心配をしているはずはなかった。このように「現実予想とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、つぎのふたつのうちのいずれかであるように、俺には思われます。

  • A.「現実」に合うよう、「予想」のほうを訂正する。
  • B.「予想」に合うよう、「現実のほうを修正する


 では、その場面で、加賀谷少年はどちらの手をとったのか。加賀谷少年がとったのは、後者Bの「予想に合うよう、現実のほうを修正する」手だった。少年は、その予想、つまり、自分がそこでそんな心配をしているはずはないとするその予想に合うよう、現実をこう解した。


 クラスメイトの「カガヤ臭い」となじる声が、急に次々と聞こえてきた、って。


ひとつまえの記事(4/7)はこちら。


前回の短編(短編NO.18)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。