(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「赤の他人の怒ったような顔写真を見て、自分の父親は怒っているととる」を理解する(統合失調症理解#9)(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.17


 でも、(精神)医学にはそのように十分な人間理解力は「なかった」ものの、つぎのような自信はずっと「あり」ました。(精神)医学の人間理解力は完璧であるはずだといった自信は。で、その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解してきました。


(精神)医学にEさんのことが理解できないのは、Eさんが「理解不可能」であるからだ、って。


 要するに箇条書きにしてまとめると、こういうことですよ。

  • ①(精神)医学にはEさんのことを理解するだけの力がない(現実)。
  • ②ところが(精神)医学には、(精神)医学の人間理解力は完璧であるはずだといった自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③そして、その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解釈してきた。「(精神)医学がEさんのことを理解できないのは、Eさんが理解不可能であるからだ」(現実修正解釈


 今回は、統合失調症と診断され、このように「理解不可能」と決めつけられてきたEさんに登場してもらい、「赤の他人の顔写真を見て、自分の父親は怒っているととる」そのEさんが、ほんとうは「理解可能」であることを実地に確認しました。 


次回は2週間後、7月6日(月)21:00頃にお目にかかります。


ひとつまえの記事(3/4)はこちら。


今回の最初の記事(1/4)はこちら。


前回の短編(短編NO.16)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。