(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「体感幻覚」「テレビ・ラジオ幻聴」「高校生幻聴」「車幻聴」を理解するpart.3(統合失調症理解#7)(4/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.15


◆場面7:車幻聴

[パターン④]車幻聴

 自動車からエンジン音に合わせてひき殺してやる」「うちの車の製品をバカにしやがってなどと聞こえてきて追っかけてくる〔引用者注:「仲間がほしいときにこの幻聴が始まる」との記載が欄外にあります〕。


対処方法▶車には喧嘩は売れないので、おびえて自転車でひたすら逃げる。


結果▶何百キロも離れた場所に行ってしまうので、迎えにくる仲間に迷惑をかける(浦河べてるの家べてるの家の「当事者研究」』医学書院、2005年、pp.116-122、ただしゴシック化は引用者による)。

べてるの家の「当事者研究」 (シリーズ ケアをひらく)

べてるの家の「当事者研究」 (シリーズ ケアをひらく)

 


 みなさん、自転車に乗っているとき、車が怖くなること、ありませんか。自転車で、信号機の設置されていない十字路を横断するときや、路肩の設けられていない細い道を走るとき、いまにも車にひかれるんじゃないかとヒヤヒヤすること、ありませんか。


 ひょっとするとCさんにも、自転車に乗っているとき、そんなふうに、「いまにも車にひかれるんじゃないかと心配になることがあるのかもしれませんね。仲間に会うために、大丈夫だと思って自転車に乗って出発したものの傍らを通りすぎる車の勢いが予想してたのより凄まじく、「自分は車をあまく見過ぎていたのではないかと後悔の念に駆られるといったようなことがCさんにはあるのかもしれませんね。


 しかしその反面Cさんには自信がある。自分がいまにも車にひかれるんじゃないか」と心配したり自転車で出発したことを後悔したりしているはずはないといった自信が。


 実際、Cさんは「いまにも車にひかれるんじゃないか」と心配になり、「車をあまく見過ぎていたのではないか」と後悔の念に駆られている(現実)。ところが、そのいっぽうでCさんには「自信」がある。自分が「いまにも車にひかれるんじゃないか」と心配したり、自転車で出発したことを後悔したりしているはずはないといった自信が。そのように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、つぎのふたつのうちのいずれかであるように、やはり俺には思われて仕方がありません。

  • A.現実に合うよう、自信のほうを修正する。
  • B.自信に合うよう現実のほうを修正する


 で、Cさんはその場面でも、後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとる。すなわち、自分が「いまにも車にひかれるんじゃないか」と心配したり、自転車で出発したことを後悔したりしているはずはないといった自信に合うよう、現実をこう解する。


 車が「いまにもひき殺してやる」とか「うちの製品をバカにしやがって(車をあまく見てたな)」と言ってくるのが聞こえる、って。


 つまり、そうした解釈をしてCさんは、ひかれるのではと心配、「後悔しているということを、車にいまにも殺してやると脅かされ、「あまく見てたなと言われているということにするのかもしれませんね。


 いま言ったことを箇条書きでまとめるとこうなります。

  • ①「いまにも車にひかれるんじゃないか」と心配になり、「自分は車をあまく見過ぎていたのではないか」と後悔の念に駆られる(現実
  • ②自分が「いまにも車にひかれるんじゃないか」と心配したり、自転車で出発したことを後悔したりしているはずはないといった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「車が、いまにもひき殺してやる、とか、車をあまく見てたなと言ってくるのが聞こえる」(現実修正解釈


 さあ、ここまで立てつづけに、「高校生幻聴」「テレビ・ラジオ幻聴」「仲間幻聴」「車幻聴」の4つを見てきました。その4つのうちのどれでもCさんがしていたことはおなじでしたね。どの場面でもCさんは、前々回と前回の短編で見たのとおなじように、「現実修正解釈」をしていましたね。そのようにCさんが現実修正解釈をしているのだとわかると、Cさんのそれら「高校生幻聴」「テレビラジオ幻聴」「仲間幻聴」「車幻聴、(精神)医学の見立てに反し、一転、「理解可能なものと見えてきましたね。


 もちろん、それら4場面でのCさんをいま、完璧に理解し得たと言うつもりは俺にはサラサラありませんよ。むしろCさんのことを多々誤ったふうに決めつけてしまったのではないかと気が咎め、正直な話、ガックリ俯いているところですよ。


 でも、そうは言ってもさすがに、十分明らかになりましたよね? その4場面でのCさんが理解可能であるということは、ね? みなさんのように人間理解力が申し分なくあるひとたちになら、それらの場面でのCさんのことが完璧に理解できるにちがいないということは、ね?


2020年5月19日に5文字追加しました。


ひとつまえの記事(3/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.15)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。