(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「体感幻覚」「テレビ・ラジオ幻聴」「高校生幻聴」「車幻聴」を理解するpart.3(統合失調症理解#7)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.15


◆場面6:仲間幻聴

[パターン③]仲間幻聴

 デイケアのなかにいるとすれ違いざまに意味深なことを言ってきたりまわりでひそひそと悪口の噂をしてくる


対処方法▶幻聴の送り主に向かって爆発する。


結果▶相手がキレて怒鳴り返してくる(浦河べてるの家べてるの家の「当事者研究」』医学書院、2005年、p.122、ただしゴシック化は引用者による)。


 Cさんはデイケアにいるときしばしば気になるのかもしれませんね。デイケアの仲間たちに内心悪く思われているのではないか、って(現実)。道ですれ違うとき、下校途中の高校生たちに内心悪く思われているのではないかと気になるのとおなじように、ね? あるいは中学生の頃、久しぶりに登校した学校の教室のなかで、同級生たちに内心、「早く死んじゃえばいいのに」と思われているのではないかと気になったみたいに、ね?


 ところがCさんには、そうした現実とは真っ向から背反するつぎのような「自信」があったのではないでしょうか。デイケアの仲間たちに内心悪く思われているのではないかと自分が気にしているはずはないといった自信が。そのように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、やはり、つぎのふたつのうちのいずれかではないかと、俺には思われてなりません。

  • A.現実に合うよう、自信のほうを修正する。
  • B.自信に合うよう現実のほうを修正する


 で、その場面でもCさんは後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとる。すなわち、デイケアの仲間たちに内心悪く思われているのではないかと自分が気にしているはずはないといったその自信に合うよう、現実をこう解する。


 デイケアの仲間がすれ違いざま意味深なことを言ってくるのが聞こえたり、まわりでひそひそと悪口の噂をしているのが耳に入ってきたりする、って。


 まとめましょう。

  • デイケアの仲間たちに内心悪く思われているのではないかと気になる(現実
  • デイケアの仲間たちに内心悪く思われているのではないかと自分が気にしているはずはないといった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解する。「デイケアの仲間たちがすれ違いざま意味深なことを言ってくるのが聞こえたり、まわりでひそひそと悪口の噂をしているのが耳に入ってきたりする」(現実修正解釈


ひとつまえの記事(2/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.15)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。