(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(4/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面2‐Ⅱ

 つぎは、ふたつ目の想像(Ⅱ)を見てみましょう。


 たとえば、朝礼で誰かが退屈なスピーチをしていて、最後にその話をこんなふうに閉めたと仮定してみてくれませんか。「早くスピーチを終えてほしいと思っているひともいるようなので、これで話を終わります」って。そのひとは当てずっぽうでそう言っただけだった。ところがそのとき「スピーチ、早く終わったらいいのになあ」と考えていたAさんは、自分のその考えを言い当てられたと思い込んだ」(現実)。


 しかしその反面、Aさんには自信があった。わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信が(この自信については先ほど詳しく説明しましたね)。で、そんな自信があったAさんには、自分の考えをひとに見抜かれたそのことが不思議に思われてならなかった。


 そして以後も、自分の考えをひとに言い当てられたと「思い込む」ことが何度かつづいたが、とうとうあるとき、以前からずっと首を傾げていたAさんはふと思い至った。


  あ、そうか、わかったぞ、自分にはテレパシーがあるんだ。なるほど、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わってしまうのか!


 つまり、箇条書きにしてまとめると、こういうことですよ。

  • ①自分の考えていることを言い当てられたと「思い込んだ」(現実)。
  • ②わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信がある(自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解する。「自分にはテレパシーがあって、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わったんだ」(自信に合うよう現実を解釈する


 と同時にAさんは、自分がエスパーであるそのこともまた従業員たちに見抜かれ、噂されているのではないかと気にするようになった(現実)のかもしれないというところから後は、さっき考察したとおりです。


ひとつまえの記事(3/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編を予定)の記事一覧はこちら。