(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「わたしはエスパーだ」「頭のなかを監視されている」を理解する(統合失調症理解#3)(3/10)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.10


◆場面2‐Ⅰ

 すると

 そんなある日、朝礼で、突然、私の考えていることが相手に伝わり、言い当てられるという出来事が起こりました。とにかく驚きでいっぱいでした。


 その後、私の考えていることがみんなに言い当たられるようになり「Aさんはエスパーだ」と言われるようになりました。三〇〇人の従業員全員に私の自分の考えが一挙に伝わり、エスパーだという噂が広がっていきました。


 この場面については特にいろんな想像ができるかとは思いますが、俺はひとまずつぎの3種類の想像をしました。

  • Ⅰ.Aさんの考えがひとに言い当てられたというのが事実である場合
  • Ⅱ.Aさんが、自分の考えをひとに言い当てられたと「思い込んでいる」だけの場合
  • Ⅲ.その他

 いまからこれらを順にひとつずつ見ていきますね。ちなみにこの3つのなかで俺が一番真相に近いといまのところ思っているのはⅢであると、先に言っておきますよ。


 では、Ⅰを見てみましょう。表情や、仕草、振る舞い、そのときの状況などから、他人の考えていることがわかることって、ときどきありますよね。実際みなさんも、表情や仕草やそのときの状況などから、他人の考えを見抜いたことや、逆に考えを見抜かれたことがあるのではありませんか。


 Aさんが朝礼で自分の考えを突然ひとに言い当てられたこのときも、ひょっとするとAさんの表情や仕草にAさんの考えが出ていた現実)のかもしれませんね。たとえば、誰かが退屈なスピーチをしていたときに、誰もがついしてしまうようにAさんも、一瞬つまらなさそうな表情をかいま見せてしまったのかもしれませんね。で、そのあと、「ボクのスピーチ、つまらなかった?」と訊かれたとか。


 あるいは、そのときの状況からしてAさんの考えを言い当てるのは至極簡単だった現実)という可能性も考えられますね? 退屈なスピーチが延々とつづいていて、Aさんのみならず、明らかにその場にいる誰もが早く終わってほしいと考えているだろうことが推測できたとか。「え〜、では、早くスピーチを終わってほしいと思っているひとがいるようなので、この辺りでスピーチを終えることにします」


 でもAさんには自信があった。わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信が。もっと正確な言い方をすればこうですよ。わたしは、わたしの考えをひとに見抜かれるようなことはしなかったし、状況からしてわたしの考えがひとに推測できるなどということもなかったはずだという自信があった、って。で、そんな自信があったAさんには自分の考えをひとに言い当てられたそのことが不思議に思われてならなかった


 そして以後も、自分の考えを言い当てられるということが何度かつづいたが、とうとうあるとき、以前からずっと首を傾げていたAさんはハッと思いついた。


  
あ、そうか、わかったぞ、自分にはテレパシーがあるんだ。なるほど、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わってしまうのか!


 いまこう推測しましたよ。先ほどのように箇条書きにしてまとめてみますね

  • ①Aさんの表情や仕草に、Aさんの考えが出ていた。もしくはそのときの状況からしてAさんの考えを言い当てることは容易だった(現実)。
  • ②しかしAさんには、わたしの考えをひとが見抜き得たはずはないといった自信があった(現実と背反している自信)。
  • ③で、その自信に合うよう、現実をこう解した。「自分にはテレパシーがあって、それで、見抜かれるはずのない自分の考えが、他人にモレ伝わったんだ」(現実修正解釈


 と同時にAさんは、自分がエスパーであるそのこともまた従業員たちに見抜かれ噂されているのではないかと気にするようになった現実)のかもしれませんね。ところが、そんなAさんには自信があった。「ひとにどう思われているのかを自分が気にしているはずはない」といった自信が。で、その自信に合うよう、現実をこう解した。


 従業員たちが「Aさんはエスパーだ」と噂しているのがわたしの耳に入ってくるようになった、って。


 それも箇条書きにするとこうなります。

  • ①自分かエスパーだということを従業員たちに見抜かれ、噂されているのではないかと気になる(現実
  • ②「ひとにどう思われているのかを自分が気にしているはずはない」といった自信がある(現実と背反している自信
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「従業員たちが『Aさんはエスパーだ』と噂しているのが、わたしの耳に入ってくる」(現実修正解釈


2/10に戻る←) (3/10) (→4/10へ進む

 

 

2020年4月18日に、内容はそのままに文字を一部追加しました。


今回の最初の記事(1/10)はこちら。


前回の短編(短編NO.9)はこちら。


このシリーズ(全26短編)の記事一覧はこちら。