(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学の言うことがみんな嘘になる理由、出来事編(2/3)

*医学の言うことはみんな嘘第3回


 実に医学は、身体に起こる出来事を、遺伝子とか、脳とか、ウィルスとか、細菌とか、ガンとか、アミロイドβとか、アレルゲンとか、はみ出した神経とか、とかく一点のせいにしてきました、ね?


 ガン治療なんてその最たるものじゃないですか。身体のなかにガンが見つかったら、すべてをガン一点のせいにする。そして、ガンという一点をとり除きさえすればイイとする、ね(いまはだいぶ事情が変わってきているとは思いますが)?


(ここに出て来るがん検診推進派?の市川平三郎氏の言説はそんな感じでしたよ)

「がんと闘うな」論争集―患者・医者関係を見直すために (メディカルトリビューンブックス)

「がんと闘うな」論争集―患者・医者関係を見直すために (メディカルトリビューンブックス)

 


 視力が落ちてきたと訴えるひとを検査すると脳に出来物が見つかった。そこで視力低下をその出来物一点のせいにし、それをとり除きさえすればイイとするとか、ね? とり除いた結果、酷く、体力、気力、記憶力、等が衰えたりしても、たいしたことではないと軽視して、ね? 悪の根源である出来物をとり除いたのだから、そうした衰えもきっとそのうち消えるはずだと勝手に決めつけたりして、ね?


 最近の流行で言うと、認知症なるものを、脳のなかのアミロイドβという一点のせいにし、そのアミロイドβをとり除きさえすればイイとする、というのもあります、ね?


 でも、身体に起こる出来事であれ、ビーカーのなかや、テーブル上、もしくは道端で起こる出来事であれ、何であれ、出来事はどんなものでも一点のせいにすることはできないじゃないですか。現に、科学の屋台骨をずっと支えてきた物理学や化学はかつて一度たりとも、出来事を一点のせいにできると示唆したことはありません、ね? むしろ、出来事は一点のせいにできるほど単純なものではないと人類(!!)に教えてきたくらいじゃないですか、ね?


 端的に言って、医学のように、身体に起こる出来事を一点のせいにするのは誤りです、ね?


 出来事を一点のせいにするというのはただの排外主義の論理、にすぎません、ね? 誰かが罪を犯すと、そのことを、そのひとの「何々人であること」一点のせいにし、その「何々人」を社会から排除しさえすればイイとするような見方にすぎません、ね?


ひとつまえの記事(1/3)はこちら。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全5回)の記事一覧はこちら。