(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学のものの見方が雑すぎることを、HPVワクチンを例に確認する〈7/8〉

*医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第11回

6/8からのつづき

◇HPVワクチンを接種すると(段階①)

 医学のHPVワクチン観を見ていますよ。残すは段階①だけとなりましたね。医学のHPVワクチン観は何度も言っていますように、こういうものだと思われます。

【箇条書きにすると】

  • 段階①HPVワクチンを接種すると当然HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される
  • 段階②:HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば、当然、HPVは身体のなかから退治される。
  • 段階③:HPVが身体のなかから退治されれば、当然、子宮頸がんにならなくなる。


 それを図示するとこうなりました、ね?

HPVワクチン接種(A)

↓・・・段階①

HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(B)

↓・・・段階②

●HPVが身体のなかから退治される(C)

↓・・・段階③

●子宮頸がんにならなくなる(D)


 段階①は図では(A)→(B)に当たりますね。


 ここまではこういうことでした。


 まず医学は医学の出来事観にもとづいて、子宮頸がんをHPV一点のせいにする。そうすることによって、身体のなかからHPVが退治されれば、当然、子宮頸がんにならなくなる(段階③)ってことにする。


 ついで医学の物質観にもとづき、HPVを身体に退治させる原因となる物質があるはずだと考え、そうしたものとしてHPVにたいする抗体を挙げてくる。そうして、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されれば、当然、HPVは身体のなかから退治される(段階②)ってことにする、って。


 さあ、このつづきを見ていきますよ。


 ここで医学は、どうすればHPVにたいする抗体が身体のなかに産出されるかを考えます。そして医学の物質観にもとづいてこう決めつけます。

医学の物質観前出)】

  • 表現①:物質それぞれは、身体に特定の出来事を起こす原因である(原因という言葉をもちいての定義)
  • 表現②:物質それぞれは「状況に関係なく身体に特定の出来事を起こすもの」である(原因という言葉をもちいない定義)
  • 表現③:おなじ物質をおなじように摂取・接種すれば、当然、身体におなじ特定の出来事が起こる。


 身体にHPVにたいする抗体を産出させる原因(上記表現①より)となる物質があるにちがいないんだ、って。


 そうした物質を開発したと言って医学が世間に向かって示したのが、HPVワクチンだったわけですよ、ね?


 医学はHPVワクチンを、身体にHPVにたいする抗体を産出させる・原因と見るといま言いました。つまりそれは、HPVワクチンを「状況に関係なく身体にHPVにたいする抗体を産出させるもの」と見るということですよね(表現②より)。


 すなわち、HPVワクチンを接種すれば当然、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(表現③=段階①)と見るということです、ね?


 でも、ずっと確認してきたじゃないですか。原因なんてものはこの世に存在しないんだ、って。おなじ物質をおなじように摂取・接種しても、ひとによって、もくしはおなじひとでも時と場合によって、身体に起こる出来事がしばしば異なるのがむしろ現実なんだ、って。なら、いまの場合、どうなります? HPVワクチンをおなじように接種しても、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されるっていう都合の良いこと(A→B)が起こらないひとがいても何ら不思議はないってことになるんじゃないですか、ね? いや、ひょっとすると、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されないそんなひとはいないのかもしれませんよ。でも、事前に、そんなひとはいないんだって請け合うことはできないじゃないですか、ね?


 HPVワクチンを医学の物質観にもとづいて見ると、このように、HPVワクチンを接種しても、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出されるっていう都合の良いことが起きてこない可能性(AからBに行かない可能性)を見落とすことになるんじゃないですか、ね?


 けど、見落とすことになるのはやはりそれだけにとどまりません、ね?


 HPVワクチンを接種すると、HPVにたいする抗体が身体のなかに産出される(A→B)のだと仮にしてもですよ、ほんとうにそんな都合の良いことしか身体に起こってこないのかって思いません? 都合の悪い出来事が身体に起こってきたって全然不思議じゃないじゃないですか、ね? いや、そんな都合の悪い出来事なんか身体に起こってこないのかもしれませんよ。けど、起こってくる可能性は、事前には否定できませんよ、ね?


 ほら、都合の悪い出来事が身体に起こってくるっていう可能性(Aから事が都合の悪いほうに進む可能性)も見落とすことになるじゃないですか、ね?

 

今回は記事を〈1/8〉〜〈8/8〉の8つに分けてお送りしています。

  • ひとつまえの記事(6/8)はこちら。


前回(第10回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。