(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

医学だけが無視するこの世の根本原理について、確認し終える(3/3)

医学は喩えると、空気の読めないガサツなおじさん第3回

(2/3からのつづき)

 先ほど大木についてこういうことを確認しましたよね?

  1. 大木が今どのようにあるかを知るというのは、大木が、「他のものと共に在るにあたってどのようにあるか」という問いに今どう答えているか知ることである。すなわち、大木と他のものとが共に在るありよう、つまり状況、が今どんなかを知ることであり、
  2. 大木が過去どのようにあったかを把握するというのは、状況が過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、大木が将来どのようにあるかを予想するというのは、状況が将来のそのときにどんなかを予想することである、


 って。


 ひと言でいえば、大木を捉えるというのは状況を捉えるということなんだって。


 これとおなじことが俺の身体にも言えるし太陽にも雲にも風にも地面にも音にも匂いにも味にも俺の過去体験記憶像や未来体験予想像にも言えるってことですよ。大木であれ、俺の身体であれ、他人の脳であれ、音であれ、俺の過去体験記憶像や未来体験予想像であれ、何であれ

  1. それが今どのようにあるかを知るというのは、状況(当のものを一部分としてうちに含む。以下おなじ)が今どんなかを知ることであり、
  2. それが過去どのようにあったかを把握するというのは、状況が過去そのときにどんなだったかを把握すること、
  3. また、それが将来どのようにあるかを予想するというのは、状況が将来のそのときにどんなかを予想することである。


 大木であれ、俺の身体であれ、他人の脳であれ、何であれそれを捉えるというのは状況を捉えるということなんだ


 ってことですよ。


 で、そうしたことを、無理をしてほんのひと言にまとめれば、こうなるんじゃないかってわけです。


 状況こそがこの世の最小単位なんだ、って。


 最初にみなさんにしたふたつの約束のうち、いまひとつを果たしました。果たしたつもりです。いや、果たしたことにしておいてくださいよ。冒頭でまず状況最小単位説と俺がよぶなんぴとも無視することのできないこの世の根本原理が何であるか確認するって約束したじゃないですかいま果たしたことにしておいてくださいよと言ったのはその約束のことですよ。言ってることわかりにくかったですか? たしかに俺の表現、拙かったり冗長だったりしたでしょうね。でも、俺が何を言いたがっているか、察しのいいみなさんにはピンときたんじゃないですかね? 単純なことばかりでしたよね、俺なんかが言わなくったって、みなさんずっとまえからよく知っていたことばかりだったんじゃないのかなあ。


今回は記事を(1/3)、(2/3)、(3/3)の3つに分けてお送りしました。

  • ひとつまえの記事(2/3)はこちら。

  • 今回の(1/3)はこちら。


前回(第2回)の記事はこちら。


このシリーズ(全12回)の記事一覧はこちら。