(新)Nothing happens to me.

科学はボタンをかけ違えたまま来たのではないでしょうか。

身体機械論

みなさんは身体のうちに身体感覚を含めてお考えになりますが、科学は身体を単なる元素の集まり(機械)にすぎないと考えます。科学が身体を機械とみるに至った経緯を確認します。

心が生まれたきっかけは遠いむかし

心はいかにして科学から生まれたか第1回 「科学の身体研究からすっぽりぬけ落ちている大事なもの」と題した文章のchapter 1で、身体が機械ではないこと、およびそのことをみなさんどなたも実によくご存じであることを確認した。そしてそのchapter2では、に…

科学が身体を機械とするに至る経緯を発端から確認する

科学にはなぜ身体が機械とおもえるのか第1回*1 ここまで*2、主につぎの2点を確認してきました。 1.「身体の物的部分」で、物質的出来事が、「身体の感覚部分」の関与のもと起こること(「身体の物的部分」は機械ではないこと) 2.そのことをみなさん実…

病は気から? 病気とは気を病むこと?

やあ、ホースム、まいったよ、外はひどい寒さだ。どうした、何か考えごとか? 「ワトソソ、これを読んで見たまえ」 ああ、「病は気から」か。よくある記事だ。昔から、思い出したようにときどき、誰かがこんなことを書くんだ。で、これがどうしたんだ? 「思…

身体を機械と見るのが科学の科学らしさではないか、なあ?

baseballは科学を批判しつづける第1回 「科学の身体研究からすっぽりとぬけ落ちている大事なもの」と題した文章のchapter1*1を書いた。身体が機械ではないことを確認するのがテーマだった。 どなたもみな絶対に正しいとお思いの科学では、まぎれもなく身体…

ご挨拶

身体が機械じゃないのは明らかであるが*1序 身体を研究するとはどうすることでしょうか。 これまで人間は身体を研究してきました。現代科学は、見るという知覚は身体がどうなることか、歩くという運動では身体はどうなるのか、糖尿病とは身体のなかで何が起…

事件のオイニイがする

身体すり替え事件第1回 「俺ってこんな存在だったっけ。俺の知っている人間はこんなだっけかなぁ」 科学(病理学や精神病理学を含む)が生き物を説明するのを聞いていると、とても不思議な気持ちになります。一流科学者の本や、国営放送の科学番組ではしば…