(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

2020-08-17から1日間の記事一覧

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.2(統合失調症理解#14)(4/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.22 ◆ふり返り さて、いまこう推測しましたよ。いつもながら、くどいでしょうけど、ふり返ってみますね。 アニメーションによる体制変革を志していた小林さんはつねづね権力者の庇護を求めていたということ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.2(統合失調症理解#14)(3/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.22 ◆同時に自分の解釈を疑っている さて、いま、こう言いましたよ。気持ちが高揚していた小林さんは早合点して、現実(記事内容)をつい自分に都合良く解釈してしまったのではないか、って。 ほら、みなさ…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.2(統合失調症理解#14)(2/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.22 ◆つねづね権力者に守られたがっていた 先の引用文の最終段落で小林さん(アニメーション制作会社勤務)はこう言っていましたね。当時、「アニメーションを手段にして体制を変えようとしていた」って。…

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.2(統合失調症理解#14)(1/4)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.22 あらすじ 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本を、前回から、とり挙げさせてもらっています。 これから、小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日…