(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

2013-08-24から1日間の記事一覧

柴田元幸、高橋源一郎『小説の読み方、書き方、訳し方』

これは今まで誰にも言ったことのない秘密だが、私は変化球を投げることができる。それもかなり鋭い変化球を。そして、このことが私の生きる上での自負になっ……。 「それ、前に書きましたよね? もう導入部として使用済みですよ」 え、うそ?! 「高橋源一郎…