(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

2013-07-01から1日間の記事一覧

高橋源一郎『大人にはわからない日本文学史』

誰にも言ったことはないが、私はかなり鋭い変化球を投げることができる。比喩で言っているのではなく、正真正銘、野球のあの変化球を投げられるのである。こんな私でも日々なんとか生きていけるのは、鋭い変化球を自分は投げられるのだという密かな自負があ…