(新)Nothing happens to me.

科学の欠点、限界、見落としている大事なもの

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(6/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29


◆(精神)医学も「現実を自分に都合良く解釈する」

 でも(精神)医学は、それとは正反対の自信をずっともってきました。(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという自信を、ね? で、その自信に合うよう、現実をこう解してきました。


 小林さんの言動が(精神)医学に理解できないのは、小林さんの言動が「理解不可能」なものだからだ、って。


 いまこう言いましたよ。


「理解可能」である小林さんのことを理解するだけの力が、(精神)医学にはない(現実)。だけど、その(精神)医学自身には、(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという「自信」がある。このように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、つぎのふたつのうちのいずれかであるように、やはり俺には思われます。

  • A.「現実」に合うよう、「自信」のほうを訂正する。
  • B.「自信」に合うよう、「現実」のほうを修正する。


 で、(精神)医学はその都度、後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとってきた。(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだとするその自信に合うよう、現実をこう解してきた。


 小林さんの言動が(精神)医学に理解できないのは、小林さんの言動が「理解不可能」なものだからだ、って。


 いまいったことを箇条書きにしてまとめると、こうなります。

  • ①「理解可能」である小林さんのことを理解するだけの力が(精神)医学にはない(現実)。
  • ②その(精神)医学自身には、(精神)医学の人間理解力は完全無欠であるはずだという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、(精神)医学は現実をこう解釈する。「小林さんの言動が(精神)医学に理解できないのは、小林さんの言動が理解不可能なものだからだ。人間の知恵をもってしては永久に解くことのできぬ謎だからだ。了解不可能だからだ」(現実を自分に都合良く解釈する


 小林さんがしきりに「現実を自分に都合良く解釈する」のを全9回にわたり、じっくり見てきましたけど、「現実を自分に都合良く解釈する」のは何も小林さんだけではないということが、いま最後に、実例をもって確認できましたね。(精神)医学も、そうした解釈を、何百万、何千万ものひとたちにたいし、ずっとしてきたわけですね。明日も、明後日も、変わらず、世界各地の診療室で、そうした解釈を何十回としていくわけですね  


 以上、このたびは、(精神)医学に統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきた小林さんに登場してもらい、その小林さんがほんとうは「理解可能」であることを、全9回(vol.1〜vol.9)にわたって実地に確認しました。


vol.1(下準備:メッセージを受けとる)


vol.2(朝刊からメッセージを受けとる)


vol.3(駅名標示から意味、暗号を受けとる)


vol.4(学生3人組と会話する)


vol.5(謎がついに解ける)


vol.6(逃げる)


vol.7(帰宅する)


vol.8(テレパシーで交信する)



5/6に戻る←) (6/6) (→次回短編はこちら

 

 

次回は2週間後、10月19日(月)21:00頃にお目にかかる予定です。


今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(5/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29


◆全9回をとおして確認できたこと

 さて、ここまで、統合失調症を「突然発症した」とされる日とその翌日の模様を、小林さん本人が、赤裸裸かつ克明に語ってくれているのを、謹聴してきました。大変勉強になりましたね。俺、小林さんにたいする感謝でいっぱいです。自分自身や、世間のひとたちのことを今一度、深く学びなおす貴重な、得がたい機会になりましたよ。


 みなさんはどうでしたか。


(精神)医学はこうした小林さんのことを統合失調症と診断し、「理解不可能」と決めつけてきましたよね。でも、ほんとうに小林さんのことを「理解不可能」であると、みなさん、思いましたか。


 むしろ、「理解可能であると確信したのではありませんか。


 小林さんは単に、みなさんや世間のひとたちがふだんよくやるように、「現実を自分に都合良く解釈していた」だけでしたよね。


 いや、もちろん、小林さんのことをいま完璧に理解し得たと言うつもりは俺にはサラサラありませんよ。反対に、小林さんのことを、多々誤ったふうに決めつけてきてしまったのではないかと、非常に気が咎めてならないくらいですよ。ひとを的確に理解することや、文字で正確に表現することの絶望的なまでのむつかしさに歯ぎしりして、胃の辺りを抑えているところですよ。


 だけど、そんないまの考察からでもさすがに十分明らかになりましたよね。小林さんが(精神)医学の見立てに反し、ほんとうは理解可能であるということは?


 みなさんのように、申し分のない人間理解力をもったひとたちになら、小林さんのことが完璧に理解できるということは、いま十分に示せましたね?


 そんな小林さんのことが(精神)医学に理解できないのは、単に(精神)医学の人間理解力が未熟であるということにすぎないと、いま、極めてハッキリしましたよね?


4/6に戻る←) (5/6) (→6/6へ進む

 

 

今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(4/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29


とんねるず木梨がすずめの声で交信しはじめる

 では、先に進みましょう。小林さんはこのあと、すずめの鳴き声を聞いたと言っていました。その鳴き声を聞いているうち、「だんだんそれが日本語に聞こえ始めた」んだ、って。


 友人ミックからフィル・コリンズまで、ありとあらゆるひとたちとテレパシーで交信できていると思い込んでいた小林さんは、そのすずめの鳴き声もまた、そうしたテレパシーの一種で、誰かからの交信かもしれないとふと思ったのかもしれませんね。で、その鳴き声に「木梨か?」と訊いた(ひょっとすると、とんねるず木梨なら、すずめの鳴き声で交信しかねないと小林さんは考えたのかもしれませんね)。


 すると偶然すずめが「チュン」と鳴いた


 だけど小林さんには、そんなときにすずめが偶然鳴くなんて、まったく思いも寄らないことだった。


 いや、いっそ、そのことも裏返しにして、語弊があるかもしれませんけど、こう言い直してみましょうか。そのとき小林さんには、すずめが鳴いたのが偶然であるはずはないという自信があったんだ、って。


 そのとき偶然すずめが鳴いた(現実)。ところがそのとき小林さんには、すずめが鳴いたのが偶然であるはずはないという「自信」があった。このように「現実自信とが背反するに至ったとき、先ほども言いましたように、ひとにとり得る手は、つぎのふたつのうちのいずれかであるように、俺には思われます。

  • A.「現実」に合うよう、「自信」のほうを訂正する。
  • B.「自信」に合うよう、「現実」のほうを修正する。


 で、小林さんはこの場面でも後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとった。いますずめが鳴いたのが偶然であるはずはないとするその自信に合うよう、小林さんは現実をこう解した。


 すずめがいま鳴いたのが偶然であるはずはない。さては、その鳴き声は木梨からの返事だな。木梨が「すずめの声で僕と交信を取り始めた」んだな、って。


 いまの推測を箇条書きにしてみますね。

  • ①「木梨?」と訊いたとき、すずめが偶然「チュン」と鳴いた(現実)。
  • ②すずめが鳴いたのが偶然であるはずはないという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「さてはその鳴き声は、木梨からの返事だな。木梨がすずめの声でボクと交信しはじめたんだな」(現実を自分に都合良く解釈する


3/6に戻る←) (4/6) (→5/6へ進む

 

 

今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(3/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29


 でも、ここは、こう解したほうがわかりやすいかもしれませんね。


◆別の解し方

 政府に日中つけ回されたと思い込んでいた小林さんが帰宅後もずっと、ビクビクしているらしいことを、ここまで確認してきていますよね。ついさっき、深夜3時に目が覚めたときも、ドア向こうの階段を誰かが駆け降りていく足音を聞いて小林さんがとっさに、「追い回してきている奴らだ!」と閃いたらしいのも見ましたよね。そんな小林さんは新聞配達の物音を耳にしたこのときもとっさにこう閃いたのかもしれませんね。


 またボクを追い回している奴らだ! 妹に、ボクの扱いに関する指令でも届けに来たんじゃないのか? って。


 でもそう閃いたとき、小林さんは同時にその閃きを疑ってみても良かった。実はそうではないんじゃないか、って。そうして、別の可能性に思いを致そうとしてみても良かった。


 要するに、追い回してきている奴らが妹さんに指令を届け来たという可能性と、それを否定する別の可能性とを、小林さんは同時に感じていても良かった。


 だけど小林さんには、その物音を聞いた自分がとっさに誤った内容のことを閃くなんて、まったく思いも寄らなかったのではないでしょうか。


 いや、いっそ、そのことも裏返しにして、語弊があるかもしれませんけど、こう言い換えてみることにしましょうか。そのとき小林さんには、自分のそのとっさの閃きが誤っているはずはないという自信があったんだ、って。


 いま、こう推測しましたよ。簡単に振り返ってみますね。


 新聞配達の物音を聞いて、小林さんはとっさに、追い回してきている奴らが妹に指令を届けに来たんだと閃いた。


 自分のそのとっさの閃きが誤っているはずはないという自信があった。


 なら、小林さんは当然、そのとっさの閃きを全面的に正しいものと信じ込むことになりますね? ボクを追い回してきている奴らが妹に指令を届けに来たのにちがいないんだ、って。


 いまの推測を箇条書きにすると、こうなります。

  • ①新聞配達の物音を聞いてとっさに、ボクを追い回してきている奴らが妹に指令を届けに来たんだと閃く(とっさに一可能性を思いつく)。
  • ②自分のその閃きが誤っているはずはないという自信がある(他の可能性を不当排除する)。
  • ③そのとっさの閃きを全面的に正しいと信じ込む(勝手にひとつに決めつける/現実を自分に都合良く解釈する)。


2/6に戻る←) (3/6) (→4/6へ進む

 

 

今回の最初の記事(1/6)はこちら。


前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(2/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29


 いまこう推測しましたよ。振り返ってみますね。


 朝の4時ころ、新聞配達の物音がした(現実)。しかし小林さんには、こんな時刻にひとが配達に来ているはずはないという「自信」があった。このように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとり得る手は、つぎのふたつのうちのいずれかであるように、俺には思われます。

  • A.「現実」に合うよう、「自信」のほうを訂正する。
  • B.「自信」に合うよう、「現実」のほうを修正する。


 で、その場面でも小林さんは後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとった。こんな時刻にひとが配達に来ているはずはないとするその自信に合うよう、小林さんは現実をこう解した。


 何か特別なものをもって来たようだな。政府の命を受けた誰かが「妹に、僕の扱いに関する指令を届け」に来たのにちがいないな。


 箇条書きにしてまとめると、こうなります。

  • ①新聞配達の物音がした(現実)。
  • ②こんな時刻にひとが配達に来ているはずはないという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「何か特別なものをもって来たようだな。政府の命を受けた誰かが妹に、ボクの扱いに関する指令を届けに来たのにちがいないな」(現実を自分に都合良く解釈する


1/6に戻る←) (2/6) (→3/6へ進む

 

 

前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.9(統合失調症理解#14)(1/6)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.29

あらすじ

 小林和彦さんの『ボクには世界がこう見えていた』(新潮文庫、2011年)という本をとり挙げさせてもらって、今回で9回目、最後になります。

 小林さんが統合失調症を「突然発症した」とされる日とその翌日の模様を見てきました。

 統合失調症と診断され、「理解不可能」と決めつけられてきたその小林さんが、(精神)医学のそうした見立てに反し、ほんとうは「理解可能」であることを、全9回にわたり、実地にひとつひとつ確認しました。

  • vol.1(下準備:メッセージを受けとる)
  • vol.2(朝刊からメッセージを受けとる)
  • vol.3駅名標示から意味、暗号を受けとる)
  • vol.4(学生3人組と会話する)
  • vol.5(謎がついに解ける)
  • vol.6(逃げる)
  • vol.7(帰宅する)
  • vol.8(テレパシーで交信する)

 

今回の目次
・新聞配達の物音を聞き間違える
・別の解し方
とんねるず木梨がすずめの声で交信しはじめる
・全9回をとおして確認できたこと
・(精神)医学も「現実を自分に都合良く解釈する」


◆新聞配達の物音を聞き間違える

 統合失調症を「突然発症した」とされる日の翌日、7月25日(金)、助言を求めて訪れた母校、早稲田大学からなんとか帰宅した小林さんは、深夜、午前3時頃に目が覚めたあと、ひととテレパシーで交信しはじめたとのことでしたね。


 つつぎを見ていきますよ。

 そうこうしているうちに空が白んできた。郵便屋らしきバイクの音が四五回して家の前に停まって何か郵便物をポストに入れては去っていった。妹に、僕の扱いに関する指令を届けているんだと思った。すずめが鳴き始めた。最初は訳のわからないすずめの声だったが、だんだんそれが日本語に聞こえ始めた。


「木梨か?」


 と聞くと、


「チュン(はい)」


 と答えた。木梨憲武はこれ以降すずめの声で僕と交信を取り始めたのだ(小林和彦『ボクには世界がこう見えていた』新潮文庫、2011年、pp.130-131、ただしゴシック化は引用者による)。

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)

  • 作者:小林 和彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/10/28
  • メディア: 文庫
 


 7月、空が白んでくるころと言えば、朝の4時くらいでしょうか。配達人が「何か郵便物をポストに入れては去っていった」と書いてありましたね。物音から小林さんはそう推測したのでしょうけど、おそらくそれは、早朝に起きているひとなら誰しもよく知っている、新聞配達の物音だったのではないでしょうか。


 だけど、そんな時刻にひとが新聞を配達しにくるなんて、小林さんにはまったく思いも寄らなかったのかもしれませんね。


 いや、いっそ、そのことを裏返しにして、今回もこう表現してしまいましょうか、少々語弊があるかもしれませんけど。そのとき小林さんには、こんな時刻にひとが配達に来ているはずはないという自信があったんだ、って。


 で、その自信に合うよう、小林さんは現実をこう解した。


 何か特別なものをもって来たようだな。政府の命を受けた誰かが「妹に、僕の扱いに関する指令を届け」に来たのにちがいないな。


         (1/6) (→2/6へ進む

 

 

前回の短編(短編NO.28)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。

 

統合失調症の「メッセージを受けとる」「世界は僕のためにある」「テレパシーで交信した」を理解するvol.8(統合失調症理解#14)(7/7)

*短編集「統合失調症と精神医学と差別」から短編NO.28


 いまさっき、こう言いましたよね。小林さんは何かの拍子に、ふだんよく耳にするフィル・コリンズの曲を頭のなかでつい再生してしまったのかもしれませんね、って。


 でも、小林さんには、自分がそこでそんなことをするなんて、まったく思いも寄らなかったのかもしれませんね。


 いや、いっそ、そのことも裏返しにして、語弊を怖れながらも、愚直にこう言い改めてしまいましょうか。


 そのとき小林さんには、自分がフィル・コリンズの曲を頭のなかで再生しているはずはないという「自信」があったんだ、って。


 で、その自信に合うよう、小林さんは、現実をこう解した。


 フィル・コリンズの曲がボクの頭のなかに流れてきた。さては、フィル・コリンズがわざわざ交信してきてくれたんだな。そして「僕の心臓の鼓動を支えるようにドラムを叩いてくれ」ているんだな、って。


 いまの推測をふり返ってみますよ。


 小林さんはフィル・コリンズの曲を頭のなかで再生していた(現実)。しかしその小林さんには、自分がそんなことをしているはずはないという「自信」があった。このように「現実自信とが背反するに至ったとき、ひとにとることのできる手は、つぎのふたつのうちのいずれかなのではないかと俺には思われて、仕方がありません。

  • A.「現実」に合うよう、「自信」のほうを訂正する。
  • B.「自信」に合うよう、「現実」のほうを修正する。


 で、この場面でも小林さんは後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとった。すなわち、自分がフィル・コリンズの曲を頭のなかで再生しているはずはないとするその自信に合うよう、現実をこう解した。


 フィル・コリンズの曲がボクの頭のなかに流れてきた。さては、フィル・コリンズがわざわざ交信してきてくれたんだな。そして「僕の心臓の鼓動を支えるようにドラムを叩いてくれ」ているんだな。


 箇条書きにしてみるとこうなります。

  • フィル・コリンズの曲を頭のなかで再生している(現実)。
  • ②そんなことをしているはずはないという自信がある(現実と背反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「さては、フィル・コリンズがわざわざ交信してきてくれたんだな。そして『僕の心臓の鼓動を支えるようにドラムを叩いてくれ』ているんだな」(現実を自分に都合良く解釈する


6/7に戻る←) (7/7) (→次回短編へつづく

 

 

2020年9月29日に表現を一部変更しました。


次回は10月5日(月)21:00頃にお目にかかります。


今回の最初の記事(1/7)はこちら。


前回の短編(短編NO.27)はこちら。


このシリーズ(全43短編を予定)の記事一覧はこちら。